logo

台湾貿易センター、JIMTOF2016に「台湾パビリオン」を出展

台湾貿易センター 東京事務所 2016年10月28日 09時52分
From Digital PR Platform


台湾貿易センター(TAITRA)東京事務所(所在地:東京都千代田区麹町 所長:呉 俊澤)は本日、来る11月17日(木)より22日(火)までの6日間、東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF 2016」に、台湾の工作機械・部品産業を代表する75の企業が参加し、うち29社を一堂に集めた「台湾パビリオン」を東7ホールE7012に出展すると発表しました。同パビリオンには、日本、ドイツ等に次ぐ世界第5位の工作機械輸出国である台湾から、IIoT(インダストリー4.0)Readyの製品など、これからのものづくりを支える最先端の技術が多数出展されます。

「JIMTOF 2016」(主催:日本工作機械工業会、東京ビッグサイト)は、期間中の来場者が13万人に及ぶ同分野日本最大の展示会で、本年も共同出展社含め約969社より5,518小間が出展される予定です(主催者発表)。

台湾の工作機械部品産業は、Industrial Internetを主導する米国を、中国と並ぶその最大の輸出相手国としています。近年の米国での産業領域のIoT(IIoT)の急展開を受け、特に同国からの複合機(マシニングセンタ、ターニングセンタ)や、IIoTを見据えた自動化技術(FA)等の分野で、共同研究開発や製品需要が急速に高まっており、台湾の同分野における技術、ビジネスの専門性も目覚ましい進化を続けています。

台湾工作機械産業の特長

■世界第5位の工作機械・部品輸出国としての実績・技術・信頼性
台湾は、ドイツ、日本、イタリア、中国に次ぐ世界第5位の同分野輸出国です。過去3年間の年平均輸出額は約40億ドルで、2015年には国内生産の約80%が、世界138か国に輸出されました。
また、日本への輸出額も2015年約200億円に達し、台湾の輸出先として部品では世界第2位、工作機械では第9位の輸出相手国となっています。

■狭いエリアに、世界最大級の工作機械・部品産業サプライチェーンが大集結
中小のサプライヤを含め、1,500社以上の企業が台湾中部にある約60kmx14kmの産業ベルトに集結しています。この地理的優位性にも支えられ、台湾の同業界の生産効率は世界最高レベルにあり、このことが、需要を察知してから製品を市場に展開するまでの迅速性(Time to Market)や機能を一層向上させつつ、投資効果に優れ長持ちする製品の実現につながり、顧客が高い信頼を寄せる原動力ともなっています。

*この他、台湾の工作機械・部品産業に関する詳細な情報は、「Taiwan Machine and Tools: Shaping The World ( リンク )」(英文・中文)よりご参照ください。最新ニュースやインダストリー4.0に向けての取り組みが、各種資料やビデオなどで詳しく紹介されています。

今回の台湾パビリオンは、東京ビッグサイトに新設されたばかりの東第7ホール、エントランスに近接しています。パビリオン内では、台湾工作機械・部品の最新のテクノロジー及び開発状況が幅広く展示されます。また、下記の通り、期間中連日、説明員による約15分で台湾の同産業・新製品の概要を知ることのできるパビリオン内ガイドツアー、バイヤー・記者様向けの説明会等などが開催されます。是非お立ち寄りください。

##

【JIMTOF 2016台湾パビリオン概要 】
開催日: 2016年11月17(木) -11月22日(火) 9:00 -17:00
会 場: 東京ビッグサイト 東7ホールE7012 
展示製品及び団体・企業の詳細は、下記URLよりご参照下さい。

【台湾パビリオン ガイドツアー概要】
日本語ガイド付きブースツアーを連日ほぼ1時間ごとに開催します。パビリオン内出展29社の中から参加者のご希望に合わせ、約15分ほどで代表的な企業・製品を俯瞰、紹介します。

会期中毎日5回開催  各15分
開始時間(各日共通)  10:30、11:30、13:30、14:30、15:30

【台湾パビリオン内出展企業一覧】
英文社名アルファベット順。

E7012-8 AUTOCAM TECHNOLOGY CO., LTD.
E7012-5 CHIA LERN CO., LTD.
E7012-17 CHING HUNG MACHINERY & ELECTRIC IND. CO., LTD. 慶鴻機電工業
E7012-25 Cosen Mechatronics Co.,Ltd 高聖精密機電
E7012-11 ECHAINTOOL INDUSTRY CO., LTD. 益詮工業
E7012-29 EYAN MACHINE TOOLS CO., LTD. 易研精密機械
E7012-18 GIZIN INTERNATIONAL CO., LTD. 吉徑科技
E7012-1 JETON R/D & MFG. INC.
E7012-10 Kao Ming Machinery Industrial Co.Ltd, 高明精機工業
E7012-24 KENT INDUSTRIAL CO., LTD. 建德工業
E7012-13 KENTURN NANO.TEC. CO., LTD.
E7012-12 PALMARY MACHINERY CO., LTD. 大光長榮機械
E7012-9 PMI (Precision Motion Industries, Inc.) 銀泰科技
E7012-22 REGAL MACHINERY CO.,LTD. 銳格精機
E7012-20 Sharp One Co., Ltd.
E7012-3 SHIN-YAIN INDUSTRIAL CO., LTD. 心源工業
E7012-26 SHUTER ENTERPRISE CO., LTD.
E7012-7 TAIWAN MARTINSU INC. 唯大企業
E7012-14 Tech Way Advanced Materials Co.,Ltd台煒
E7012-23 Tongtai Machine & Tool Co., Ltd. 東台精機
E7012-2 VERTEX MACHINERY WORKS CO., LTD. 維昶機具廠
E7012-6 YOKE INDUSTRIAL CORP. 振鋒企業

出展製品写真及びより詳細な企業情報は、PDF版パンフレットをご参照下さい。
URL: リンク

■ご参考情報
・台湾貿易センター (TAITRA)について:リンク
台湾貿易センター (TAITRA) は、1970年に台湾の対外貿易促進を目的に、台湾政府と業界団体の支援により設立された日本のジェトロに相当する非営利公的貿易振興機構です。本部を置く台北のほか、国内4ヶ所の事務所と世界各地にある約60の海外事務所をネットワーク化して、台湾企業・メーカーの国際競争力の強化、海外企業のビジネスマッチング、世界市場への進出 、外国企業の台湾調達、投資及び技術協力提携などをサポートしています。
 日本でも1973年に東京で日本事務所設立以来、台日のパートナーシップの強化を目指し、年間20以上の日本市場開拓ミッションの招聘、見本市への出展、台日間の貿易振興を図っています。また 、台湾企業の国際競争力の強化と世界市場への進出を手助けするとともに、日本企業に対して、台湾からの買付け及び台湾への投資、市場開拓のサポート、展示会へのPR活動などを行っています。
以上

ご取材のお問合せ、その他本件に関するお問い合わせ先

台湾貿易センター(TAITRA) 広報代理:
プラップジャパンCS8部 担当: 高橋、横澤、谷本
TEL:03-4570-3191 FAX:03-4570-3189 E-mail:taitrajp_pr@ml.prap.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。