logo

植物性のオイルとバターが皮革をなめらかに保湿『ルミエール モイストケア』

株式会社コロンブス 2016年10月27日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月26日

株式会社コロンブス

~ 植物性のオイルとバターが皮革をなめらかに保湿 ~
オーガニックアルガンオイルを配合した
オイルタイプのツヤ出し・保革クリーム
『ルミエール モイストケア』

 靴クリームと靴用品メーカーの株式会社 コロンブス(本社:東京都台東区、社長:服部達人)は、靴を大切にする女性に、お手入れの時間を楽しんでいただけるシューケアシリーズ『ルミエール』をご提供しています。
 このシリーズから、オイルタイプのツヤ出し・保革クリーム『ルミエール モイストケア』を販売しています。オーガニックアルガンオイルをはじめ、マカダミアナッツバターやヒマワリバターなどの配合成分が、皮革に栄養と柔軟性を与え、しっとりとした質感を保ちます。

 皮革製品は、お手入れ次第でその色ツヤを守ることができ、長く使ううちに徐々に味わいを増していきます。大切にしたい靴や革小物のお手入れには、良質なオイルやワックスを配合した、クリームでのお手入れをお勧めします。

 『ルミエール モイストケア』は、化粧品でも使われる栄養豊富なオーガニックアルガンオイルを配合したオイルタイプのツヤ出し・保革クリームです。
 アルガンオイルが、革の繊維に素早く浸透し、栄養と柔軟性を与えます。さらに、ゆっくりと革に馴染んで潤いを与えるマカダミアナッツバターとヒマワリバター、革の表面に薄い保護膜を作り自然なツヤを持続させる植物性ワックスも配合。これらの植物性のオイルとバターは、皮革を保湿するだけでなく、抗酸化作用を持つので、革の劣化を穏やかにする効果も期待できます。

 使用方法は簡単で、ブラシまたは布で汚れを落としたあと、本商品を布に取り、薄くムラなく塗り広げます。クリームが乾いた後に柔らかな布で磨くと、天然のオイルならではの自然なツヤが生まれます。
 この商品は無色ですので、どんな色にも使用でき、靴のほかバッグなどの皮革製品にも幅広くご使用いただけます。
◇    ◇    ◇
 『ルミエール』は、靴を大切にする女性に、シューケアの時間を楽しんでいただけるように開発したブランドで、『ルミエール モイストケア』のほか、靴クリーム45色、クリーナー、消臭ミスト、防水スプレー、起毛革専用のクリーナーをご提供しています。
 良質な婦人靴が多く発売されている半面、女性のシューケアへの関心は、男性と比べて低いのが現状です。女性にも日頃のシューケアによって、靴をいたわり、長く大切に履いていただきたいと考えております。
 このブランドでは、スキンケアをするような感覚で靴の手入れを楽しんでいただけるよう、化粧品のようなデザイン性の高いパッケージを採用。清潔感のある白を基調とした容器に、高級感のあるシルバーをアクセントとしたロゴや商品名を配し、女性が手にしやすい商品を展開しています。
 
『ルミエール モイストケア』の概要は、次の通りです。

『ルミエール モイストケア』の概要

● 価格: 3,000円(税抜き価格)
● 販路: 全国のデパート
● 内容量: 100ml
● 素材と特長:
  オーガニックアルガンオイルを配合した、ツヤ出し・保革クリームです。オイルタイプのリッチなクリームが、皮革にたっぷりの栄養と潤いを与えます。靴のほか、バッグなど革小物にも使用できます。
  天然のアルガンオイルが革の繊維に素早く浸透し、栄養と柔軟性を与えます。
  マカダミアナッツバターとヒマワリバターがゆっくりと革に馴染み、潤いを与え、なめらかな感触を保ちます。
  植物性ワックス(カルナバ)が革の表面に薄い保護膜を作り、自然なツヤを持続させます。
  抗酸化作用の高いオイルとバターが革の劣化を穏やかにします。
  無色ですので、どんな色にも使えます。
● 使用法:
  ブラシまたは布で汚れを落とします。
  クリームを布に取り、薄くムラなく塗り広げてください(クリームのノリを良くするためにやさしく塗り広げてください)。
  クリームが乾いた後、柔らかな布で磨いてください。
● 使用上の注意:
  シミや色落ちする革もありますので、目立たないところで試してからご使用ください。
  クリームが乾く前に磨きますとベタつきが残る場合があります。
  スエード・ヌバック等の起毛革、ヘビ革・ワニ革、素仕上げヌメ革、エナメル革、その他特殊な革や布製品には使用できません。
  使用後は必ずキャップをして、高温・直射日光を避け、小児の手の届かないところに保管してください。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。