logo

Enea、ネットワーク・インテリジェンス・ソフトウェアを専門とするフランスQosmosを買収

Enea 2016年10月27日 15時13分
From 共同通信PRワイヤー

Enea、ネットワーク・インテリジェンス・ソフトウェアを専門とするフランスQosmosを買収

AsiaNet 66289

プレスリリース

2016年10月27日、スウェーデン・ストックホルム
Enea (NASDAQ OMX Nordic: ENEA)

次世代型仮想ネットワークへの対応力を強化

2016年10月27日、スウェーデン・ストックホルムにて -  Eneaは、IPトラフィック・クラシフィケーションおよびネットワーク・インテリジェンス分野の主要プレイヤーである株式公開会社、Qosmosとの買収契約に調印したことを発表しました。買収総額は約5,270万ユーロで、手元の現金および銀行ローンで賄います。Qosmosは、フランス・パリに本拠を置き、2016年の総売上推定額は約1,420万ユーロです。

この買収は、フランス政府当局に認可され次第締結され、2016年12月に完了する予定です。

EneaのAnders Lidbeck社長兼最高経営責任者 (CEO) は次のように述べています。「当社の機能を強力に補完するこの買収を発表することを光栄に存じます。この買収により、当社のポートフォリオは大幅に拡大し、魅力を増すことが期待されます。EneaとQosmosの統合は、健全な利益率を維持しながら、互いの顧客ベースにメリットをもたらし、新しい市場分野を開拓し、Eneaの成長をさらに加速させることでしょう。」

Qosmosは、DPI(ディープ・パケット・インスペクション)に基づくネットワーク・インテリジェンス・ソフトウェアのサプライヤーとして、圧倒的な市場シェアを持っています。同社のソフトウェアは、モバイル・トラフィック・マネジメント、サイバー・セキュリティ、ネットワーク・アナリティクスなどにアプリケーションに欠かせない要素であるリアルタイムなトラフィックの可視性を詳細に提供します。世界各地の電気通信事業者100社以上がQosmosのソリューションを採用しています。

ネットワーク・インテリジェンスとIPトラフィック・クラシフィケーションは、次世代型仮想ネットワークのノードや機能においても、中心的な役割を担うことが予想されます。例えば、テレコム事業者は、Qosmosのソリューションのリアルタイム・トラフィック・クラシフィケーション機能を利用し、オープンな仮想アーキテクチャで様々なタイプのサービスの組み合わせを自動作成することができます。さらに、EneaとQosmosは、SDN(ソフトウェア・ディファインド・ネットワーク)およびNFV(ネットワーク・ファンクション・バーチャライゼーション)分野に、機能強化した製品やサービスを投入する計画です。

QosmosのThibaut Bechetoille最高責任者 (CEO) は次のように述べています。「隣接する市場において高い評価と豊富な実績を持つ企業であるEneaの一部門になり、大変嬉しく思っております。新しい仮想ネットワークでパーソナライズを進め、よりセキュアなサービスを顧客に提供するテレコム事業者にとっては、アプリケーション・アウェアネスが鍵となります。業界のこの重要な移行期にあって、統合後の新体制は、製品やサービスの提供で優位性を発揮するでしょう。」

Qosmosの会社概要
Qosmosは、IPトラフィック・クラシフィケーションおよびネットワーク・インテリジェンス・テクノロジー業界の大手ソフトウェア・サプライヤです。同社は、トラフィック最適化、サービス・チェーン、サービス品質、アナリティクス、サイバー・セキュリティなどに関連する製品にリアルタイムなアプリケーションの可視性を求めるベンダーに向けて、ソフトウェアを提供しています。

・従業員: 90名
・2000年にフランス・パリを本拠地として創業
・2006年からネットワーク・インテリジェンス・ソフトウェア分野のリーダーとして活動し、米国・シリコンバレーとシンガポールに事業所を展開
・年間売上: 1,420万ユーロ (2016年の推定額)
・主な製品: ixEngine (業界で最も多く導入されているDPIエンジン)
・顧客のタイプ:テレコム業界、ネットワーク・セキュリティ業界のベンダー

Qosmosは、ベンチャー・キャピタルのAlven CapitalおよびDraper Esprit、世界有数のリサーチ会社GfK Group、公的投資銀行Bpifranceの後援を受けた株式非上場会社です。

財務情報
買収総額約5,270万ユーロのうち、純現金および現金同等物が約1,630万ユーロ、残りの3,640万ユーロが企業価値です。本買収の資金は、手元の現金と1億6,500万スウェーデンクローナの銀行ローンの借入によって充当します。両社は、買収金額の1,000万ユーロを買収締結から24ヵ月後に延べ払いすることで合意しています。
Eneaは、2017年について、この買収により1株当たり利益 (EPS) は増加する一方で、金利税引前利益 (EBIT) を若干減少すると予想しています。
本買収は、現在フランス政府の認可待ち状態であり、2016年12月に買収が完了し、Enea Groupの会計に連結される予定です。従って、2016会計年度の売上および利益への影響は限定的なものに留まるとみられます。

Eneaについて
Eneaは、ネットワーク・ソフトウェア・プラットフォームおよび世界クラスのサービスを提供するグローバル・サプライヤです。インターネットでつながる社会において画期的な機能を開発できるよう、お客様を支援しています。オープンソース・コミュニティの主要な貢献企業として、お客様や主要ハードウェア・ベンダーと連携し、最適なソフトウェア・ソリューションの開発と強化に取り組んでいます。Eneaのテクノロジーは、テレコムから自動車、医療、航空に至る各種分野の様々なアプリケーションに搭載され、世界中の30億以上の人々に日々活用されています。Eneaは、ヨーロッパ、北米、アジアに拠点を置き、Nasdaq Stockholmに上場しています。Eneaの詳細については、www.enea.comをご覧いただくか、info@enea.comまでお問い合わせください。

Enea(R)、Enea OSE(R)、Netbricks(R)、Polyhedra(R)、Zealcore(R)、Enea(R) Element、Enea(R) Optima、Enea(R) LINX、Enea(R) Accelerator、Enea(R) dSPEED Platform、およびCOSNOS(R)は、Enea ABおよびその子会社の登録商標です。Enea OSE(R)ck、Enea OSE(R) Epsilon、Enea(R) Optima Log Analyzer、Enea(R) Black Box Recorder、Polyhedra(R) Lite、Enea(R) System Manager、Enea(R) ElementCenter NMS、Enea(R) On-device Management、およびEmbedded for Leaders(TM)は、Enea ABまたはその子会社の商標です。その他、記載されている会社名、製品名、およびサービス名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。(C) Enea AB 2016.

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。