logo

全国各地の酒造100社以上、日本酒25,000点以上を販売『Amazon日本酒ストア』リニューアルオープン 定温倉庫管理、保冷お届けサービスも開始

アマゾンジャパン合同会社 2016年10月27日 14時00分
From PR TIMES

総合オンラインストアAmazon.co.jp (以下、Amazon)の全国各地の日本酒25,000点以上を販売するAmazon日本酒ストアは、「お酒造りの心と日本酒のいろはを世界に発信し、お客様・酒蔵のみなさんとともに新しい楽しみ方を創る。豊かな品揃えの日本酒を確かな品質でお届けする。」をコンセプトに2016年10月17日(月)に全面リニューアルしました。



さらに、Amazonでは、吟醸酒を一定の温度で管理する「定温倉庫」を2016年10月27日より開始いたします。また今後、「定温倉庫」から温度を保ってお届けする「保冷お届けサービス」などの提供も予定しております。2014年4月からお酒の直販を始めたAmazonは、お酒の楽しみ方を広め、お客さまの最も身近で頼れるパートナーになることを目指し、新規商品開発や入手困難な商品の品揃え、新たなお酒との接点となるストア作りに励み、今後もサービスと品揃えを拡充していきます。
[画像1: リンク ]


■全国100社以上の“個性が光る”酒造りの心を伝える酒蔵ページ
リンク
Amazon日本酒ストアでは、吟醸酒や純米酒などの種類やその違い、そして味の特徴など、日本酒の基礎知識を紹介するページのほか、日本全国100社以上の酒蔵が持つそれぞれの酒造りのこだわりや味わいの特徴、商品をご紹介する酒蔵ページもご用意しています。日本酒ビギナーでも、本ストアにて日本酒の知識を深めることによって、呑んでみたい1本、全国の美味しい1本に出会えます。旅行気分で、日本酒を選ぶ。そんな愉しみ方もできる日本酒ストア。押さえておきたい銘柄も季節に合わせて随時ご紹介します。
[画像2: リンク ]


[画像3: リンク ]


■全国の美味しい日本酒25,000点以上を購入可能
各地の実力派酒蔵が醸す個性豊かな地酒から、毎日の食卓で活躍する日常の食中酒まで美味しい日本酒25,000点以上を揃えています。また、お客様のライフスタイルに合わせてお選びいただけるよう、飲みきりサイズの小瓶・四合瓶・一升瓶を取り揃えるほか、飲み比べセットやギフト用などさまざまな用途に使えるパッケージも多数ご用意しています。

[画像4: リンク ]



■直販で扱う吟醸4種の「定温倉庫」を2016年10月27日より開始

[画像5: リンク ]

日本酒の中でも特に温度に敏感な“純米大吟醸酒” “純米吟醸酒” “大吟醸酒” “吟醸酒”。2016年10月27日より直販で扱うこれらの特定名称酒を、年間を通して一定の温度を保つ「定温倉庫」にて管理を開始します。また同サービスと合わせてご利用いただける、これらの日本酒を「定温倉庫」から温度を保ってお届けする「保冷お届けサービス」も開始予定(別途費用)。一部出品者の商品も対象になります。Amazonは、お客様により良い状態の日本酒を安心してお求めいただける環境を目指します。


Amazonお酒ストアについて
2014年4月8日より直販による酒類取扱いを開始。ワイン、日本酒、焼酎、スピリッツ、ビールなど直販による酒類を合計150,000種以上取り揃えた日本最大級の品揃えを実現しました。(リンク)また、種類の直販の開始により、Amazonプライム、お急ぎ便、お届け日時指定便、当日お急ぎ便などの対象商品が増え、より便利で迅速な配送サービスでお客様にお届けすることが可能になりました。


Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。