logo

年賀状が簡単に楽しく作成できるサービスを一斉開始!

無料スマホアプリ「Brother年賀状プリント」がさらに使いやすく進化

ブラザー工業株式会社(社長:小池利和)の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:三島勉)は、10月27日より年賀状作成のための便利なサービスを一斉に開始する。このサービスでは、2017年の干支である「酉」や、人気のキャラクター「アヒル隊長」、「ピングー」※1のオリジナルテンプレートなどを豊富にそろえている。また、今年からスマホに撮りためた思い出の写真をQRコード※2にして年賀状にプリントする新機能「想い出いっぱい年賀状」を搭載。



[画像1: リンク ]

●スマートフォンアプリで作る「Brother年賀状プリント」は、270種類以上の多彩なテンプレートと180種類以上のスタンプをそろえているブラザーのスマートフォンアプリ。通信面だけではなく、宛名面も作成可能で、各種年賀状ソフトの住所録をスマートフォンに取り込むこともできる。
*アプリケーションのダウンロードは無料だが、App Store、Google Playへ接続する際の通信料はユーザー負担。また、対応OS等の詳細は、App Store、Google Playにて確認できる。

[画像2: リンク ]

新機能 「想い出いっぱい年賀状」 写真整理アプリ「Scene」で作成した想い出のアルバムを、「Brother年賀状プリント」からQRコードとして年賀状にプリントできる「想い出いっぱい年賀状」機能を追加。年賀状を受け取った側はQRコードを読み取るだけでフォトアルバムとして閲覧できる。


[画像3: リンク ]

機能充実でより自分らしい年賀状作成が可能に 従来、宛名のレイアウトは縦書きのみだったが、横書きにも対応。さらに、フォント数も最大8種類から最大10種類※3へ増やし、文字入力の自由度が広がった。スタンプは昨年の60種類以上から180種類以上に増え、お気に入りの写真をスタンプに加工する「マイスタンプ機能」も今年から追加した。



●Webアプリで作る ブラザーのWebアプリ「Web年賀状キット2017」(リンク)を使えば、専用ソフトをインストールすることなく、パソコンやスマートフォンから通信面・宛名面ともに作成することができる。
●年賀状ソフトで作る「筆王」「筆ぐるめ」「宛名職人」など人気の年賀状ソフトで作成した年賀状印刷も簡単。フチなし印刷や便利な自動両面印刷*にも対応している。
*MFC-J830DN/DWN、MFC-J730DN/DWは非対応
[画像4: リンク ]

●プリンターだけで作る「プリビオ」は、パソコンがなくてもネットワークにつながったプリンター本体だけで年賀状を作成できる「年賀状アプリ」機能を備えている。A4モノクロで描いた絵や文字が自動でカラフルな年賀状になったり、好きな素材を読み込んで年賀状デザインの背景にするなど、オリジナルの年賀状を作成できる。

●他社アプリで作る 日本郵便のスマートフォンアプリ「はがきデザインキット2017」と連携。作成した年賀状は「Brother 年賀状プリント」と同じように印刷できる。また、昨年に引き続き、写真コラージュアプリ「パペルック(papelook)」とも連携しており、おしゃれな年賀状用フレームやスタンプでお気に入りの一枚を作成できる。

<ブラザーオリジナルのテンプレート例>

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]




※1:「アヒル隊長」、「ピングー」のテンプレートは、スマートフォンアプリ「Brother年賀状プリント」、Webアプリ「Web年賀状キット2017」、プリンター本体の機能「年賀状アプリ」、ダウンロードサイト「Print Terrace」(リンク)からダウンロードできる。ダウンロードには、ブラザーオンラインの会員登録が必要
※2: QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標
※3:iOS版は、7種類に加えて、年賀状プリント以外のツールに年賀状プリントが参照可能なフォントが含まれていると最大で3種類フォントが追加される。Android版は4種類のフォントから選択できる。

<お客様 お問い合わせ先>
サポートサイト(ブラザーソリューションセンター) URL:リンク
ブラザーコールセンター TEL :0570-061015

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事