logo

ハロウィーン関連予定がある人の 2人に1人がパーティやイベントに参加 。日本での普及は「良いと思う」33%「良いと思わない」26%

2016年のハロウィーン事情

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、二府二県(大阪、京都、兵庫、奈良)に在住する18歳~49歳の男女を対象に「2016年のハロウィーン事情」について調査を実施しました。



2016年10月26日
株式会社クロス・マーケティング

======
ハロウィーン関連予定がある人の
2人に1人がパーティやイベントに参加

日本での普及は「良いと思う」33%「良いと思わない」26%

<2016年のハロウィーン事情>
======
◆自主調査レポートの続きはこちらへ ⇒ リンク

[画像1: リンク ]


■調査結果 (一部抜粋)
●ハロウィーンに「興味がある」(とても興味がある+やや興味がある)と回答した人は37.8%で、男女別では、男性は28.2%、女性は47.4%となり、女性の方が興味が強い結果に。ハロウィーンに関連した予定の有無では「予定がある/既に予定があった」と回答した人は14.5%と少なく、興味があっても具体的な行動には移していない様子がうかがえる <図1-1><図1-2>


[画像2: リンク ]


●ハロウィーン関連予定の内容では「パーティやイベントの参加」が48.3%で最も多く、予定がある人の約半数がパーティやイベントに参加していることがわかった。参加理由としては「ハロウィーンを楽しみたい」が43.3%で最多。
次いで「友人・恋人・家族と盛り上がりたい」(37.9%)、「イベントごと自体が好き」(35.2%)となった <図2‐1><図2‐2>

[画像3: リンク ]



●日本国内におけるハロウィーン普及に対する意識では「良いと思う」(とても良いと思う+やや良いと思う)が32.6%、「良いとは思わない」(あまり良いとは思わない+良いとは思わない)が25.7%となった。それぞれ理由として、「良いと思う」では【楽しい・季節感がある・経済効果が見込める】などの意見がみられ、「良いとは思わない」では【ゴミ問題や騒音、ケンカなどマナーが悪い・本来の意味と違う】などの意見が多くみられた <図3>

[画像4: リンク ]


■調査内容
□ 属性設問(性別・年齢・居住地・同居者・職業・婚姻状況・子の有無・恋人の有無・個人年収)
□ ハロウィーンへの興味・関心(SA)
□ ハロウィーンに関連する予定の有無(SA)
□ ハロウィーンに関連した予定の内容(MA)
□ ハロウィーンを一緒に過ごしたい人(SA)
□ ハロウィーンを過ごしたい場所(SA)
□ ハロウィーンで食べたいもの(MA)
□ ハロウィーンで飲みたいもの(MA)
□ ハロウィーンで着てみたい仮装やコスプレ(SA)
□ 恋人や配偶者に着てほしい仮装やコスプレ(SA)
□ ハロウィーンに関連したイベントなどを行う理由(MA)
□ ハロウィーンの予算(SA)
□ ハロウィーン関連イベント参加経験の有無(SA)
□ 今年のハロウィーンに関連した予定設定意向(SA)
□ 来年以降のハロウィーンに関連した予定設定意向(SA/FA)
□ 日本国内におけるハロウィーン普及に対する意識(SA/FA)
□ ハロウィーンにまつわるエピソード(FA)

■調査概要
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域  : 一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)・二府二県(大阪、京都、兵庫、奈良)
調査対象  : 18~49歳の男女
調査期間  : 2016年10月21日(金)~2016年10月23日(日)
有効回答数 : 1,000サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

■会社概要
会社名  :株式会社クロス・マーケティング リンク
所在地  :東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立   :2003年4月1日
代表者  :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 :マーケティングリサーチ事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事