logo

ベルメゾン 『Hotcott (ホットコット)』プロモーション本格始動 木下優樹菜さんWEB限定CMに出演!

株式会社千趣会 2016年10月26日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月26日

株式会社 千趣会

ベルメゾン あなたのヒートインナー“あったかゆい”になっていませんか?
本日より、秋冬の主力商品『Hotcott(ホットコット)』プロモーション本格始動
木下優樹菜さんが11月11日(金)配信開始のWEB限定CMに出演!
~木下優樹菜さんはベルメゾン利用者。ホットコットも家族で着てみました!~

 株式会社千趣会(本社:大阪市 代表取締役社長:星野裕幸 以下千趣会)が運営する通販事業ベルメゾンは、秋冬の主力商品であるヒートインナー『Hotcott(R)(ホットコット)』のクロスメディアによるプロモーションを本日10月26日(水)より開始します。
キャッチコピー「あなたのヒートインナー“あったかゆい”になっていませんか?」の問いかけから「かゆくなりにくいヒートインナー=ホットコット」を訴求。今回、新聞や雑誌、WEB広告の展開のほか、新たにWEBを中心としたプロモーション活動として契約した木下優樹菜さん出演によるWEB限定CMを含む3本の動画を配信。同時にベルメゾンお買い得キャンペーンを展開します。
また、今回特別に木下優樹菜さんからコメントもいただきました。

 秋も深まり日毎に寒さが加わるこの時期、市場においてヒートーインナーの購入が活発化し始めます。ベルメゾンでは、『ホットコット』の販売促進を目的に、WEB限定CMを中心としたクロスメディアプロモーションを開始します。事前に実施したインターネットでの【ヒートインナーに関する調査※】によると女性のヒートインナー着用でのかゆみ体験者が3人に1人いることがわかりました。
そこで、今回のプロモーションでは、女性のお悩みを解決すべく『ホットコット』の最大の特長である綿混紡率95%に焦点をあて、
「あなたのヒートインナー“あったかゆい”になっていませんか?」⇒「天然由来の綿がベースだから、皮膚刺激が少なく、かゆくなりにくいホットコット」という提案型の訴求を行います。

【WEB限定CMを含む3本の動画詳細】
(1)10月26日(水)公開開始 「皮膚科医 冬のインナー選び」篇 120秒
皮膚科医であるアオハルクリニック院長 小柳衣吏子先生による「冬のかゆみにおけるインナー選び」のアドバイスと『ホットコット』
(2)11月11日(金)公開開始 「女子プロサーファー 冬の海」篇 30秒
女子プロサーファー須田那月選手、川合美乃里選手ほか出演による過酷な冬の海での練習と『ホットコット』
(3)11月11日(金)公開開始 「木下優樹菜さん あったかゆい」篇 30秒
木下優樹菜さん出演による、「あったかゆい」と『ホットコット』

Youtubeほかベルメゾンネット( リンク )、facebookで公開します。
※千趣会主体で株式会社マクロミルに依頼した調査データに基づく。

調査期間2016年9月28日~9月30日
調査方法:インターネット調査
調査対象者:全国の20代~50代の男女(計416名)

【クロスメディアプロモーション】
●新聞、女性誌広告出稿
●スマホ純広告出稿

【ベルメゾンネットキャンペーン詳細】
キャンペーン名   :大感謝祭
キャンペーン期間 :第1弾10/25~11/14、第2弾11/15~11/28
キャンペーン内容 :
●ホットコット3枚以上でまとめ買い10%OFF訴求
●あったかアイテム411点20%オフ
●特別アイテム64点最大70%オフ

キャンペーンサイト
リンク 
ホットコットサイト:
リンク 


【WEB限定CMに出演する木下優樹菜さんからのコメント】
ふだんからベルメゾンが大好きで利用しています。
子ども達を寝かしつけてから、カタログを見るのが私のリラックスタイム。
カタログを見ながら、スマホで注文しています。
よく利用している会社だったので、お仕事をさせていただき本当にうれしいです。
冬は家族そろってヒートインナー愛用者ですが、長女と旦那が敏感肌なので着ていると、かゆがることが多かったです。ベルメゾンのヒートインナー(ホットコット)を実際に家族で着てみたところ、二人とも「かゆい」と言わなかったし、素材もデザインも、1枚で着ていても下着っぽくなくて、見えてもかわいい。
この良さを、もっともっと皆さんに知って頂けるように頑張りたいです。


 千趣会は、「ウーマン スマイル カンパニー」として、女性の日常に寄り添い、女性の笑顔が毎日の幸せにつながるお手伝いをするべく、ベルメゾン商品のプロモーションを図ってまいります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。