logo

大阪産業大学が大東市、JAGA(公会計改革ネットワーク)と「バランスシート探検隊事業」における協定を締結

大阪産業大学 2016年10月26日 08時05分
From Digital PR Platform


大阪産業大学(大阪府大東市)はこのたび、大東市、JAGA(公会計改革ネットワーク)と「バランスシート探検隊事業」に関する協定を締結。10月20日には大東市役所で締結式を開催した。同大ではアクティブラーニングの一環として、学生が同市などと共働で市の財政状況を調査し、今後の課題を検討していく。


 「バランスシート探検隊事業」とは、地方自治体が作成・公表している財務書類を活用して、地方自治体の現実の姿に対する市民の理解を深めていこうとする取り組み。平成26年に総務省が「地方公会計の統一的な基準」を提示し、全国の各自治体が複式簿記、発生主義を取り入れた統一基準による財務書類の作成に取り組んでいる。

 このたび、大東市、JAGAおよび大阪産業大学は、大東市の財政状況を分かりやすく公表することを目的として「大東市バランスシート探検隊事業」を実施するための協定を締結。今後、大東市職員と大阪産業大学の学生などで探検隊を結団し、大東市の資産であるさまざまな施設を実際に見学・調査し、同市の将来に向けた課題について検討する。その後、その成果を「バランスシート探検隊報告書」としてまとめる予定。

 10月20日に行われた調印式で、大阪産業大学の中村康範学長は「本事業においては、アクティブラーニングの一環として、大東市の皆様と協力しながら学生が主体的に物事を考え、問題解決していくという力を養っていただきたいと期待しております」と述べた。

▼本件に関する問い合わせ先
 大阪産業大学 教育研究推進センター 教学推進課
 〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
 TEL: 072-875-3001(代表)
 FAX: 072-871-9855

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事