logo

freee社と業務提携し、クラウド会計データを利用した日本初の「ビジネスローン」を開始

freeeユーザー企業向け、決算書不要・非対面の事業性ローン

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、2016年10月25日(火曜日)より、freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee社 )と業務提携し、freee社が提供する「クラウド会計ソフト freee」のユーザーを対象とした事業性ローン「ビジネスローン(freee会員専用)」の取り扱いを開始いたします。
リンク




ジャパンネット銀行の「ビジネスローン」は、2015年1月に開始した、法人・営業性個人(個人事業者)を対象とした決算書不要・非対面型の融資サービスです。これまで、Yahoo!ショッピング・ヤフオク!ストア出店者向けに、売上データ(商流データ)による審査・融資を行ってまいりました。
今回の提携により、従来のトランザクション・レンディングに加えて、freee社の持つユーザー各社の会計データを用いた審査・融資を行うことが可能となりました。「クラウド会計ソフト freee」には、請求書や債権・債務の期日管理や消し込み・支払い状況を把握できる機能が搭載されており、より事業の実態に即した融資の判断が可能となります。
なお、クラウド会計データを用いた審査・融資は日本初の取り組みです(2016年10月時点 ジャパンネット銀行調べ)。

freee社のユーザー企業であれば、「ビジネスローン」のお申込時に、会社の基礎データや決算データを入力する手間がなく、また、担保も不要のため、インターネットのみで簡単にお手続きが完了します。ジャパンネット銀行に口座をお持ちの場合は、最短で当日中に審査結果を回答、翌営業日には融資が可能です。
[画像: リンク ]


■freee株式会社について(リンク
クラウド会計ソフトの「freee」によりバックオフィス業務効率化のソリューションを提供、起業家をサポート。「freee」利用事業所数は60万を超え、日本でのクラウド会計ソフトシェアは第1位。


■ジャパンネット銀行とfreee社のこれまでの取り組み
2013年4月 「クラウド会計ソフトfreee」とジャパンネット銀行の取引明細を連携させ、明細を自動取得するサービスを開始。

2015年6月 freee社提供の法人開業支援サービス「会社設立freee」にて、ジャパンネット銀行の口座開設連携を開始。

2016年6月 「クラウド会計ソフトfreee」にて、ジャパンネット銀行の振込専用口座を活用した自動消込サービスを開始。

2016年10月 freee社提供の個人事業者向け開業支援サービス「開業freee」にて、ジャパンネット銀行の口座開設連携を開始。


■商品概要(リンク

商品名:「ビジネスローン」(freee会員専用)
貸出対象:「クラウド会計ソフトfreee」を利用している法人・個人事業者
      ※ビジネスローンのお申込後に当社の審査があります。
資金使途:運転資金
貸出金額:50万円から1,000万円まで(10万円単位)
返済方法:毎月元金均等返済
貸出期間:3ヶ月以上12ヶ月以内
貸出利率:3.9~8.2%(固定金利)
担保:不要
保証人:法人の場合、原則、代表者の連帯保証が必要です。
その他:決算書不要、非対面


今後もジャパンネット銀行は、お客さまのニーズに合わせた利便性の高いサービスの提供に努めてまいります。


以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事