logo

新日鉄住金 鹿島製鉄所熱延工場で累計圧延2億トン達成

新日鐵住金株式会社 2016年10月25日 14時18分
From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)鹿島製鉄所の熱延工場が1969年4月の操業開始以来、46年6ヵ月を経て、今月11日に累計圧延量2億トンを達成しました。

熱延工場は、主に自動車のボディや家庭電化製品等に使用される薄板を製造している工場で、1995年9月に累計圧延量1億トンに到達し、そこから21年での2億トン達成となりました。

鹿島製鉄所の熱延工場は、前工程を担う製鋼工場(連続鋳造設備)と隣接して工場が配置されており、製鋼工場で製造されたスラブ(半製品)は搬送テーブルで高温のまま熱延工場へ運ぶことができ、熱効率の良い製造が可能です。これは鹿島製鉄所の強みの一つとなっています。

鹿島製鉄所は、今後も、様々な分野のお客様からの多様化するニーズに応えられるよう、高品質な製品を効率よく生産してまいります。

<これまでの歩み>
1968年12月 鹿島製鉄所 発足
1969年 4月  熱延工場 操業開始
1971年 1月  銑鋼一貫体制の確立
1995年 9月  累計圧延量 1億トン達成
2016年10月 累計圧延量 2億トン達成


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2977

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事