logo

木製イーゼルによるデジタルサイネージサービス「イーゼルサイネージ」がウッドデザイン賞2016を受賞

Media Creative Lab合同会社 2016年10月25日 13時00分
From PR TIMES

~木製品分野「ハートフルデザイン部門」~

 デジタルでのマーケティング活動の支援を行うMedia Creative Lab合同会社(本店:東京都目黒区、代表社員:原田 浩之、以下 Media Creative Lab)は、2016年10月24日(月)に発表になりましたウッドデザイン賞 運営事務局主催(林野庁補助事業)による第2回「ウッドデザイン賞2016」において、店舗への来店や購買などコミュニケーションを促進するデジタルサイネージサービス「イーゼルサイネージ」が木製品分野「ハートフルデザイン部門」を受賞しましたのでお知らせいたします。

▼イーゼルサイネージ  リンク



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

 
 ウッドデザイン賞は“木のある豊かな暮らし”が普及・発展し、日々の生活や社会が彩られ、木材利用が進むことを目的に林野庁の補助事業として第2回目を迎え、木の良さや価値を再発見させる製品や取組について、特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する新しい顕彰制度です。

 木製品分野は日本国内で製品として市場に展開しているものを対象に「ハートフルデザイン部門」は木を使うことで快適性を高めている、五感や感性に働きかける、リラックス効果や健康維持・増進効果がある製品にウッドデザイン賞が付与されます。

 イーゼルサイネージは国産ヒノキの間伐材を使用したイーゼル/フレームで自然な木の温もりやヒノキの香りを感じさせ、女性の目線の高さを意識した木製イーゼルをベースに43インチの高輝度ディスプレイを組み合わせることでユーザーの視認性を高め、店舗への来店や商品への興味を促進させるデジタルサイネージによるコミュニケーションツールです。
売上の一部を日本自然保護協会に寄付することで森林や植物の自然保護活動に役立てます。
[動画: リンク ]



<イーゼルサイネージの特長>
1. 木製イーゼルによる演出
国産ヒノキの間伐材を使用したイーゼル/フレームは自然な木の温もり、ヒノキの香りを感じさせ、ディスプレイのクリエイティブを引き立たせた演出を可能にします。
※オプションでキャスターの取り付けが行えます。

2. HTML5での制作
インターネットで一般的な言語であるHTMLによるクリエイティブ作成のため、JavaScriptやWebAPI、Unityとの連携、ストリーミング配信やタッチパネル、センサー技術を使った展開なども可能になります。

3. ネットワーク経由での更新
インターネットを使ったネットワーク経由での運用により、リアルタイムでの情報更新や遠隔での複数台へのアップデートが可能になります。
※SDカードによるスタンドアローンでの運用も可能です。

4. 高画質でのクリエイティブで訴求
HD画質であらゆる角度から見ても色彩が鮮やかで美しく、広い視野角を持つIPSディスプレイ(43インチ 最大輝度:350cd/m2)を採用し、高画質による動画とビジュアルデザインを併用したクリエイティブによる訴求が可能になります。

 今回のウッドデザイン賞2016の受賞は数々のパートナー企業様の優れた技術やご協力によるものと感謝いたします。今後もデジタルな領域に豊かな感覚をもたらす木材を取り入れることで人の感覚に寄り添うプロダクトを創出し、社会やライフスタイルに新たな価値を提供する企業として努めて参ります。


■会社概要
商号   : Media Creative Lab合同会社
代表者 : 代表社員 原田 浩之
所在地  : 〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3 HUB Tokyo
設立   : 2011年9月7日
事業内容 : デジタルエージェンシー
URL   : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。