logo

ぷらっとホーム、IoTにおけるエッジコンピューティングを実現する 新型IoTゲートウェイ「OpenBlocks(R) IoT VX1」を発売開始

大幅に機能強化されたIoTファームウェア「IoT Gateway Firmware 2.0」も同時発表

2016年10月24日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証二部6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、IoT(Internet of Things : モノのインターネット)への対応を大幅に強化した新型IoTゲートウェイ「OpenBlocks(R) IoT VX1」を発表しました。同時に、エッジコンピューティングを強力に推進するミドルウェア群およびOSを内蔵した新しいファームウェア「IoT Gateway Firmware 2.0」(以下「FW 2.0」)を発表しました。本新型IoTゲートウェイ製品「OpenBlocks(R) IoT VX1」には「FW 2.0」が標準搭載されます。本日の発表と同時に注文受付を開始し、10月31日より製品の出荷開始を予定しております。



[画像1: リンク ]

IoTに不可欠なエッジコンピューティング

 現在のIoTはクラウドによって高性能・低価格な処理を実現可能なものとしました。エッジコンピューティングはこれに「デバイス接続の多様性」と「処理の即応性」を加えるものであり、IoTがより普及するために必要不可欠な要素となっています。
 過去、フィーチャフォンからスマートフォンへとエンドユーザのデバイスが高性能化されることで、アプリケーション環境はWebベースの中央集約型クライアント・サーバシステムから、API志向のネイティブアプリケーションと変化してきました。これにより、クラウドとデバイスの分散処理が可能となり、クラウドのコンピューティングパワーはそのままに、多様なOSへの対応や、ネットワーク状況に左右されない、高速・安定的でストレスフリーなユーザインターフェースといった新しいユーザー体験を生み出し、新しい顧客価値やエコシステムが創出されました。OpenBlocks(R) IoT VX1は、IoTゲートウェイのベストセラー製品として従来モデル(OpenBlocks(R) IoT BX/EX)の豊富な機器接続インターフェースや超小型サイズを踏襲しつつ、CPU性能をさらに高性能化し、中央集約型だったIoTシステムの分散処理化を可能とし、多様なデバイスの接続や高速な処理応答を実現した次元の異なるIoTアプリケーション環境を求めている方に最適なIoTゲートウェイです。
 本製品により、大量・広域・多地点展開を前提とするIoTシステムの構築が可能となり、都市、住宅、交通、建設、病院や在宅におけるヘルスケア、小売店・フランチャイズ店舗等リテール分野におけるIoT、工場やプラント施設、農業・林業、気象、防犯等におけるIoTの本格導入が可能となります。

「OpenBlocks(R) IoT VX1」製品特徴

 OpenBlocks(R) IoT VX1はIoTの特徴であるお客様の様々な用途にもれなく対応することを目指した、高い完成度をもつ汎用IoTゲートウェイです。OpenBlocks(R)シリーズの最大の特徴である長期の安定稼働と同時に、エッジ側での各種ソフトウェアの稼働に対応したエッジコンピューティングを実現する高性能なコンピューティング能力、また、IoTデバイス(モノやセンサー)との有線・無線による多様な接続を実現する拡張性の高い各種インターフェースをもち、さらに、各種クラウドシステムとの通信インターフェース(通信プロトコル)を標準サポートしており、あらゆるモノとクラウドをつなぎ、IoTシステムの本番環境を実現します。
 筐体は評判の高かった従来モデルの超小型・超軽量サイズを踏襲し重量わずか約160gで壁面や天井等の空間への容易な設置を可能とし、さらに耐環境性能を大幅に向上させ、あらゆる場所・用途での設置・運用を可能としました。

● エッジコンピューティングをサポートする高速処理性能
 心臓部となるSoCは産業用で圧倒的な実績をもつインテルがIoT用に新しく開発したヘッドレス型SoC、ATOM E3805 (64bit 1.33GHzデュアルコア)を搭載し、ネイティブなレベルでOSを含むソフトウェアを安定稼働させます。ATOM E3805の採用により、多くのIoTゲートウェイが32bitクラスのCPUであるのに対し、エッジコンピューティングにも64bit CPUの処理能力の恩恵を受けられます。さらにメモリについてもRAM 1GB、FLASHROM 8GBを標準搭載し、エッジ側でOSやミドルウェアのみならず、ユーザー実装する固有の処理プログラムなども高速動作が可能であり、IoTで今後利用が見込まれる機械学習や分散処理を含む、幅広いエッジコンピューティングを実現します。

[画像2: リンク ]

ファームウェア「IoT Gateway Firmware 2.0」の特徴

 OpenBlocks(R) IoT VX1はIoTシステムを実現するために最適化した新しいファームウェア「FW 2.0」を搭載しています。FW 2.0は、Linux Kernel 4.xおよびDebian GNU/Linux 8を含み、システムの長期運用を実現する当社の長期サポート(有償)も提供されます。また、独立したグラフィカルな管理用ユーザインターフェース「WEB UI」、様々なIoTデバイスとOpenBlocks(R) IoT VX1(以下「VX1」)の通信をハンドリングするソフトウェア「PD Handler」、様々なIoTクラウドとVX1の通信を行うソフトウェア「PD Emitter」が標準で含まれます。
さらにVX1上で視覚的にプログラミング可能な「Node-RED」を搭載し、プロトタイピングから本番導入まで、エッジコンピューティングの容易な実現を支援します。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


[画像7: リンク ]

販売目標・活動等

 OpenBlocks(R) IoT VX1はIoTシステムの本格的普及を推進する製品として、パートナー各社との協業を進めています。クラウドサービス各社や大手通信事業者、各種販売パートナー、センサー・デバイスパートナーとの協業活動を進め、IoTの普及・拡大による新しい顧客価値の創造を行います。製品導入については出荷初年度で1,000社の達成を目指します。

パートナーシップ/サーティフィケーションプログラム

● AWS Partner Networkスタンダードテクノロジーパートナー
● IBM IoT Partner – Gateway
● Azure Certified for IoT

アマゾン ウェブ サービス ジャパン社からのエンドースメント

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、ぷらっとホーム株式会社が「OpenBlocks(R) IoT VX1」を提供開始することを歓迎いたします。
IoTを実現する基盤として、国内外の多くの企業でAWSが活用されています。同時に昨年10月にOpenBlocks IoT FamilyはAWS IoTにいち早く対応したGatewayとしてリリースされ、既に国内での利用が進んでいます。
今回のOpenBlocks(R) IoT VX1のリリースにより、幅広い企業や団体にとってIoTの取り組むハードルを下げるだけでなく、国内のIoTビジネスが大きく加速することを期待しています。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナー・アライアンス本部 本部長 今野 芳弘 様

日本アイ・ビー・エム社からのエンドースメント

日本IBMは、新型IoTゲートウェイ「OpenBlocks(R) IoT VX1」および「IoT Gateway Firmware 2.0」において、IBM Watson IoT Platformの標準サポートを歓迎いたします。「OpenBlocks(R) IoT VX1」とWatson IoT Platformの組み合わせにより、さまざまなIoTデバイスを簡単かつセキュアにIBM Cloudの環境に接続できるようになり、お客様のスケーラブルなIoTシステムの構築を支援します。日本IBMは、「Watson IoT Platformパートナーエコシステム」に参画しているぷらっとホーム様と共に、お客様に価値を提供していきます。

日本アイ・ビー・エム株式会社 Watson IoT事業部 事業部長 理事 林 健一郎 様

日本マイクロソフト社からのエンドースメント

ぷらっとホーム様によるIoTゲートウェイ「OpenBlocks(R) IoT VX1」の発表を心よりお喜び申し上げます。Microsoft Azure Certified for IoTの認証を取得した、「OpenBlocks(R) IoT VX1」とマイクロソフトの提供するクラウドサービス「Microsoft Azure」が繋がることで、今後普及が見込まれるIoTやエッジコンピューティングなどにおける多様なシナリオでの利活用がより加速することを期待しております。

日本マイクロソフト株式会社 マーケティング&オペレーションズ
クラウド&エンタープライズビジネス部 業務執行役 本部長 佐藤 久 様

NTTドコモ社からのエンドースメント

NTTドコモは、「OpenBlocks(R) IoT VX1」の発表を心より歓迎いたします。ぷらっとホーム様のCPUの処理能力が向上した新型IoTゲートウェイによりIoT・M2M分野が更に発展しお客様にとって価値あるものになることを期待しております。

株式会社NTTドコモ IoTビジネス部 部長 谷 直樹 様

インテル社からのエンドースメント

インテルはぷらっとホームのOpen Blocks(R) IoT VX1の発表を歓迎いたします。従来のBX、EXシリーズを超える高性能なインテル Atom プロセッサーと優れたファームウェアの組合せにより、エッジコンピューティングを含むIoTソリューションの構築が一層加速するものと期待しております。

インテル株式会社 第二営業本部 新規事業開発 担当部長 永井 寿 様


[画像8: リンク ]



[画像9: リンク ]



[画像10: リンク ]

● 受注/出荷スケジュール
・受注開始:2016年10月24日~
・出荷開始:2016年10月31日~


展示会情報

10月26日~28日に幕張メッセにて開催される「第2回IoT/M2M展 秋」のぷらっとホームブースにて「OpenBlocks(R) IoT VX1」が展示されます。さらに同展示会内で10/26(水)11:30より、「本番! IoT導入 ゲートウェイで一挙に解決」と題した製品・技術PRセミナーを実施致します。ご来場の際には、是非こちらも併せてご聴講ください。

● イベント詳細URL
リンク

● 製品・技術PRセミナー詳細URL
リンク


関連URL
リンク

ぷらっとホームについて
ぷらっとホームはマイクロサーバーの開発製造大手です。1993年の創業よりLinuxサーバーのパイオニアとして、通信やネットワーク分野に自社製コンピュータを供給してきました。手のひらサイズの超小型Linuxサーバー「OpenBlocks(R)」は、大手通信事業者をはじめ、物流、輸送、金融、エネルギー産業、官公庁など日本の社会インフラを支える様々な領域で採用されており、今後大きく成長すると見込まれるM2MやIoT(Internet of Things: モノのインターネット)でも大きな注目を集めています。

本発表に関するお問合せ先
● 報道機関からのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 製品マーケティング部 星 賢志(ほし けんじ)
pr@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4373/Fax 03-3221-0882

● ユーザー向けのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内 敬呂(たけうち よしろ)
sales@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

* 外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
* ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* Intel、インテル、インテル Atomは、アメリカ合衆国および / またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
* アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、 AWS IoT、Amazon Kinesis およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
* IBMおよびIBM Watson IoTは世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。
* Microsoft, Azureは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。