logo

文芸学部文化デザイン学科がエンタメ業界を担う人材育成をめざしてプロデューサー育成教育を開始 -- 近畿大学 

近畿大学 2016年10月22日 08時05分
From Digital PR Platform


近畿大学文芸学部文化デザイン学科(大阪府東大阪市)では、将来エンターテインメント業界を担うプロデューサーを育成するため、同大文芸学部の学生を対象に寄附講座を開講する。


【本件のポイント】
●文芸学部文化デザイン学科で「プロデューサー」を育成するための寄附講座を開講
●学生は講義を通して、プロデュース力を学び将来のエンタメ業界を担う人材となる
●エンタメ業界の裏側を現場の視点から学ぶことで実学の場とする

【本件の概要】
 同大では、平成28年(2016年)4月に文芸学部文化デザイン学科を開設し、文化的・芸術的成果を社会につなげる新たなシステムとプログラムを構想・創造・プロデュースする人材育成を目指している。
 今回、ライブ・エンタテインメントを数多く提供してきた一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(以下ACPC)会長の中西健夫氏をはじめ、株式会社FM802 COCOLO岩尾智明氏など幅広くエンターテインメントの世界で活躍している講師を招き、平成29年(2017年)1月まで毎月1回、寄附講座を開講する。
 エンターテインメントビジネスは近年多様化しており、将来の日本経済を支える重要な産業になる可能性がある。同大文芸学部の学生は次世代教育の一貫として、ACPCとの連携による実践的な講義を通して、プロデュース力を学び、将来エンターテインメント業界を担う「プロデューサー」をめざす。

【第一回講義】
■日時: 平成28年(2016年)10月25日(火)14:50~16:20
■場所: 近畿大学東大阪キャンパス A館3階301教室 (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
■対象: 同大文芸学部学生
■内容:
 「ライブ・エンタテインメントの『現在』と『理想の未来像』」
 ACPC会長 中西健夫氏

▼本件に関する問い合わせ先
 近畿大学 広報部
 TEL: 06-4307-3007
 FAX: 06-6727-5288

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。