logo

Gigamon、分散型企業や小規模企業向けに広範囲な可視性を提供し、 セキュリティ向上を実現

新しい GigaVUE-HC1、GigaSECURE Security Delivery Platformの 適用範囲を拡大して、セキュリティの有効性を拡充

Gigamon® Inc. (NYSE: GIMO)は本日、GigaVUE-HC1(HC1)の提供を開始しました。本製品は、GigaSECURE® Security Delivery Platformの適用範囲を、大型データセンターだけでなく小規模企業や分散型企業の遠隔サイトまで拡大します。

Gigamon® Inc. (NYSE: GIMO)は本日、GigaVUE-HC1(HC1)の提供を開始しました。本製品は、GigaSECURE® Security Delivery Platformの適用範囲を、大型データセンターだけでなく小規模企業や分散型企業の遠隔サイトまで拡大します。本ソリューションは、分散型企業に対して、一貫した可視性を提供することで、既存のセキュリティテクノロジーの有効性向上を実現します。サービスプロバイダーは、遠隔サイトの可視性をリアルタイムで得ることができるため、サービスの信頼性向上、新たなユーザエクスペリエンスの提供が可能になります。

ネットワークセキュリティの運用は、ますます難しくなっています。エンタープライズ・セキュリティグループ(ESG)の最近の調査によれば、調査対象となった組織の85%は、ネットワークセキュリティ運用の複雑さは、2年前と同じかそれ以上であると回答しています。その理由は主に、ネットワーク上のトラフィックの増加と接続されたデバイスが増えたこと、新旧のセキュリティ脅威への対処に使われるネットワークおよびセキュリティテクノロジーの多様化です。調査対象組織の75%は、「よりよいネットワーク可視性が必要」、あるいは「現在は限定的なネットワーク可視性しか得られていない」、と回答しています。

Enterprise Security Group社アナリスト、ダン・コンデ氏は次のようにコメントしています。「中堅中小規模の企業では、セキュリティ要員が少ないことや、有効性が限定されるセキュリティ対策ツールを利用しているなどの理由から、可視性の導入が限定されることから、サイバー攻撃者が入り込めるような脆弱性が頻繁に見受けられます。企業は、ネットワークの可視性を得ることが困難だと認識しつつ、このように変則的で悪意をもった行為の検知という困難な課題への取り組みを続けているのです」

Gigamon、製品担当バイスプレジデント、アナンダ・ラージャゴパルは次のようにコメントしています。「分散型および小規模企業は見落とされがちですが、可視性に対する特定のニーズを有する重要なマーケットセグメントです。GigaVUE-HC1は、当社のGigaSECURE プラットフォームの視野を拡大し、セキュリティ範囲の視野向上を可能にします。メタデータとトラフィックインテリジェンスというリッチな組み合わせを提供するGigaVUE-HC1は、インラインおよび帯域外セキュリティツールの同時展開を柔軟に実行することを可能にします。それにより、展開までの時間を削減し、より小さなサイトでのセキュリティツールを維持できるのです」

GigaVUE-HC1は、コールセンターなどの独立したツールを備え、インラインか帯域外かにかかわらず、すべてのツールを一元集中管理・運用するため、遠隔サイトでの利用に最適です。また企業やサービスプロバイダーは、遠隔サイトから、トラフィックフローやメタデータを集中管理・運用型ツールへ転送することができます。これにより、集中型ツールの統合および適用範囲の拡大が可能になります。

Gigamonのエコシステムパートナーであり脅威検出のベンダーであるCritical Start社、ディレクター兼セキュリティアーキテクチャー、ランディ・ワトキンス氏は次のようにコメントしています。「GigaVUE-HC1は、同様のリスクに直面しながらリソースの面での不利に悩む小規模企業向けに、Gigamonが得意とする柔軟性と機能をもたらします。このソリューションは、まとまりのあるアーキテクチャーを提供するもので、Gigamonの製品ファミリーを充実するものです」

GigaVUE-HC1について
GigaVUE-HC1は、ベースシステムに10ギガバイト(GB)インターフェースを12、1GBインターフェースを4、拡張用モジュラースロット2、GigaSMART®ハードウェアプロセシングを備えた、モジュラー・ワンラック・ユニットの可視性アプライアンスです。Gigamon ポートフォリオ共通のオペレーティングシステムであるGigaVUE-OSを採用し、Flow Mapping® やインラインバイパス、マルチプルGigaSMART トラフィックインテリジェンス・アプリケーションなどの主要な機能を備え、設定にも展開にも柔軟性を実現します。GigaVUE-HC1は、本四半期中に提供開始となります。GigaVUE-HC1についてのさらに詳しい情報は、こちらのサイトをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。