logo

マーケットワン・ジャパン、デマンドセンターBPOサービス拡充

マーケットワン・ジャパン 2016年10月20日 17時20分
From PR TIMES

SHANON MARKETING PLATFORMを活用し、見込み顧客のエンゲージメントの創出・促進・管理の機能を強化

マーケティングオートメーション導入・運用のコンサルティングを提供するマーケットワン・ジャパンは、2016年10月20日(木)より、企業のマーケティングを支援する株式会社シャノンの提供するマーケティングオートメーション「SHANON MARKETING PLATFORM」を活用し、マーケットワンが2016年9月より提供しているデマンドセンターBPOサービスを拡充します。



マーケティングオートメーション(*1、Marketing Automation、以下「MA」)導入・運用のコンサルティングを提供するマーケットワン・ジャパン(本社:東京都中央区、代表者:山田理英子、以下「マーケットワン」)は、2016年10月20日(木)より、企業のマーケティングを支援する株式会社シャノン(本社:東京都港区、代表者:中村健一郎、以下「シャノン」)の提供するマーケティングオートメーション「SHANON MARKETING PLATFORM」(*2、以下「SMP」)を活用し、マーケットワンが2016年9月より提供しているデマンドセンター(*3)BPOサービス(以下「本サービス」)を拡充します。

今回の拡充により、セミナーや展示会などオフラインでのマーケティング施策における見込み顧客の行動データの取得や管理が強化されます。このことにより、利用企業の見込み顧客に対するエンゲージメント(*4)の創出・促進・管理が的確なものになることが期待されます。

SMPは、セミナーや展示会、イベントなどにおける定員管理や来場管理、およびキャンペーンでの締め切り管理、個別アンケート作成など、オフラインでのマーケティング施策の作業効率化を実現する機能に強みを持ちます。

ITの発展と浸透により、BtoBマーケティングの領域でもオンラインでの重要性が増す一方、セミナーや展示会、イベントなどのオフライン施策も見込み顧客の基盤作りの手法として、日本では重視されています。

本サービスにSMPの機能が加わることにより、オフラインのマーケティング施策に対する見込み顧客の行動データが管理しやすくなります。結果として、見込み顧客のオンライン・オフライン双方のエンゲージ状況が把握しやすくなるため、より統合的で効果的なデマンドセンターの構築が可能となります(下図赤枠)。


[画像1: リンク ]

(「デマンドセンターBPOサービス」のサービスモデル)


MA導入・運用はここ数年日本でも活発になってきている一方で、担当人材に高度なプロジェクト設計・管理力や幅広い知識が求められることから、プロセス構築までにかかる時間と費用が課題とされています。本サービスではツール・人・ナレッジがフルアウトソーシングできるため、利用企業側は自社にMA導入・運用に必要な人材やノウハウが十分に保有・蓄積されていなくても、マーケティング・営業目標に対して最適なデマンドセンターを負担なく構築することが可能になります。加えて、マーケットワンの案件見込み発掘テレマーケティングのサービスが組み込まれており、営業部門に引き渡すリードの質を担保し、成約確度を高めます。また、運用状況に応じて切れ目なくグローバル展開も可能なサービスです。

[画像2: リンク ]


(「デマンドセンターBPOサービス」のイメージ)

マーケットワンは、本サービスで、2017年3月までに10件の受注を目標としています。


以上


<<参考資料>>
■ 本件についての両社のコメント
株式会社シャノン 代表取締役社長 中村健一郎
日本のBtoBマーケティング施策において見込み顧客とのエンゲージメントの創出や促進に対面接触管理は欠かせません。この度の発表にて、オンライン/オフライン施策をバランス良く管理したBtoBマーケティングの活動展開が可能になり、MA導入企業様のマーケティング活動や営業活動をさらなる成功に導く上で、大きな役割を担う連携になるものと確信しております。

マーケットワン・ジャパン 代表 山田理英子
販売対象が限られ、かつ購入までの意思決定に時間のかかるBtoBマーケティングの領域では、見込み顧客との関係構築と購買意欲醸成というエンゲージメントの創出・促進・管理は非常に重要です。オンライン施策との連携も構築できるシャノン社のツールを本サービスに組み込むことで、本サービスの利用企業のデマンドセンター基盤が、より柔軟性と拡張性に富んだものになることが期待されます。

■ MAの市場について
矢野経済研究所の調査によると、日本国内の2014年のMAサービスの市場規模は事業者売上高ベースで168億円、2020年までに420億円に成長すると予測されています。

また、大手調査会社の英インフィニティリサーチ社の調査部門Technonaviによると、全世界のMAソフトウェアの市場規模は2014年~2019年の5年間で年平均 9.29 %の成長と予測されています(「Global Marketing Automation Software 2015-2019」より)。

企業におけるマーケティング活動の費用対効果が強く意識されるようになったことを背景として、MAツールの導入の機運が世界的に高まっています

*1:マーケティングオートメーションとは…マーケティングの各プロセスおけるアクションを自動化するための仕組みやプラットフォームです。顧客や見込み顧客に対して、どのようなアクションを行ってきたかを記録し、「最適なコンテンツを、最適なタイミングで、最適な方法で届ける」ことを目的に利用されています。

*2:SHANON MARKETING PLATFORMとは…マーケティングオートメーションと統合データ管理・活用を実現するクラウドアプリケーションです。申込フォームや告知サイトの作成、セミナー/イベントでの申込・来場管理、キャンペーン運営業務やメール配信など、マーケティング業務全般の一元的な実施・管理を実現します。ITR「ITR Market View:マーケティング管理市場2013~2016」売上金額ベースでの2010年度~2015年度 (予測)シェアで6年連続シェアNo.1と評価されています。

*3:デマンドセンターとは…マーケティング活動の中でも、営業案件の創出を目的とした機能のことで、見込み客リストの収集・ニーズ喚起を経て、商機の発掘と営業による対面活動につなげるための、一連のプロセスを担う仕組みです。マーケティング領域のなかでも、実際の「成果」をだし営業につなぐための最終工程です。商談化までのリードタイムが長いBtoB企業においては、マーケティングROIの向上にとどまらず、対面営業活動の効率化にも寄与します。

*4:エンゲージメントとは…ブランドや製品・サービスと顧客との結びつきを表す言葉です。ブランドや製品・サービスの提供者は、さまざまなマーケティング施策を通じて見込み顧客との結びつきを強めることで、購入や利用の意識を徐々に醸成していきます。


シャノンについて
シャノンは、クラウドテクノロジーをコアに、企業のマーケティング活動をサポートする製品・ソリューション・サービスを提供しています。イベント・セミナー運営やマーケティング業務の効率化・自動化や、見込み客管理の最適化などを実現するシャノンの製品・ソリューション・サービスは、国内における導入実績数960以上、キャンペーン実績数22万以上で、大規模イベント・展示会からマーケティング統合管理まで多様なシーンでご利用いただいています。

マーケットワンについて
マーケティング先進国の米国で創業し、現在では世界に7つの拠点を持つマーケットワンは、BtoB企業向けに案件創出型マーケティング実現のためのコンサルティングと実行支援サービスを提供しています。マーケティングオートメーションとテレプロスペクティングのノウハウを活用し、新規顧客の開拓から育成、案件化までの営業パイプライン生成基盤を構築。マーケティングROIの最大化に向けた、効果的なアカウント・ベースト・マーケティングを支援します。日本においては2003年より事業展開、拠点は2006年に設立しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事