logo

Amity Education Groupがニューヨークでキャンパスを買収

Amity Education Group 2016年10月20日 14時33分
From 共同通信PRワイヤー

Amity Education Groupがニューヨークでキャンパスを買収

AsiaNet 66206 (1334)

【ニューデリー、ニューヨーク2016年10月19日PR Newswire=共同通信JBN】
Amityはニューヨーク・ロングアイランドのオークデールにあるセント・ジョーンズ大学が所有する170エーカーの臨海キャンパスを購入した。この施設はグレート・サウス・ベイを臨む11棟の建物からなっている。キャンパスの中心にある1897年に建設されたジョージアン・スタイルのボーン・マンションはかつてシンガーミシン(Singer Sewing Machine Co.)社長、フレデリック・ボーン氏の臨海保養地だった。

Photo: リンク

Amity総長のアシーム・チョーハン博士は「Amityのニューヨーク・キャンパスは今後、共同研究、教授陣と学生間の交流事業、さらには米国とインドとの間における革新と企業家精神の発展のためのプラットフォームになるだろう。このキャンパスは米国、インド、およびその他の国々の間で、人や組織がつながり、共感することを可能にする橋の役目を果たすだろう。その中にはインドとの絆を強めることを願う大規模な海外在住インド人コミュニティーも含まれる」と述べた。

この施設はジョン・F・ケネディ国際空港まで車で行ける近さ、マンハッタンまでの高速道路および電車の便も良いなど優良な立地条件を備え、多くの入札者があった。Amityはセント・ジョーンズ大学の代理人によってその教育的な経歴の強さ、グループの一体性、さらにこの施設を世界的な教育と研究の場として継続するビジョンを評価され、買い手に選出された。

今回の買収はロンドン、ドバイ、シンガポール、モーリシャス、南アフリカ、インド、その他多くの国にキャンパスを持つAmity Groupにとって最新の拡張になる。これは米国に進出する海外の教育事業としても最大の案件になる可能性がある。チョーハン総長は「Amityは米国西部地域私立学校大学協会(WASC)から同地域を対象にした非常に権威のある認証を受けた数少ないアジアの教育機関のひとつである」と述べた。

Amity Education Groupはインドを代表する私立の非営利教育グループで、2-3歳児対象のプレナーサリーから博士レベルまで延べ面積1500エーカーを超えるキャンパスに広がる300を超える教育課程で学ぶ15万人以上の学生に教育を提供しており、その中には10の大学キャンパス、25の学校・幼稚園、150の最高ランクを誇る教育施設、さらに12の海外キャンパスが含まれる。研究と革新に強い焦点を当てているAmity Universityの教授陣は過去に700件の特許を申請しており、300件を超える政府予算のプロジェクトで勤務し、さらに1500件を超えるケーススタディーを作成している。Amityの各教育組織は雇用性、就職あっせん、企業家精神推進、リーダーシップ開発を強調しており、各分野で最高レベルの地位を占めている。

▽メディア問い合わせ先
Ms. Savita Mehta
Vice President - Communications
Amity Group
Mob: +91-98188-96610

ソース:Amity Education Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。