logo

京都のスーパー「山科食品」がアララのハウス電子マネーシステム「point+plus」を採用~毎日利用するスーパーをもっと便利に、もっとお得に~

アララ 2016年10月20日 10時50分
From PR TIMES

カード・メール事業を中心に企業向けの販促ソリューションを提供するアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岩井陽介 以下、アララ)は、株式会社山科食品(本社:京都府京都市山科区、代表取締役:門脇洋 以下、山科食品)が展開するスーパー「フードショップラクト」において、ハウス電子マネー(※1)機能を搭載した販促支援ツール「point+plus(ポイントプラス)」が採用されたことを発表いたします。
※1ハウス電子マネーとは、スーパーマーケットや外食チェーンなど店舗名義で発行されるプリペイドカードのこと。



山科食品は、京都市の山科駅前にある商業施設RACTO山科ショッピングセンター内にスーパー「フードショップラクト」を展開しています。同一フロア内にある店舗との差別化を図るため、今回、ハウス電子マネーを採用するに至りました。店舗側でのレジ効率を向上させるとともに、日々利用される地元のお客様へより利便性を感じていただけるようサービス強化を図るとしています。具体的には、精算時に生じるレジでの小銭の取扱いストレスの解消、チャージ額に応じた特典を付与する予定となっております。
「フードショップラクト」では、本サービスの開始にともない、10月20日~22日までスタートキャンペーンを開催。チャージ額1万円ごとに500円相当のプレミアムバリューを付与することで、新規会員を増やし、利用を促したいとしています。
[画像: リンク ]

アララは、今後も地方大手総合スーパーをはじめ、ドラッグストアやカフェチェーンなど、全国に拠点を置く様々な業態において、電子メールやポイントを活用した販促を支援してまいります。地域に根差した事業を展開する「企業」とサービスを受ける「ユーザー」の間に立ち、その関係がより良好かつ親密なものになるよう貢献してまいります。

■カード概要
カード名称:ponte
発行手数料:100円
年会費:無料
バリュー付与 :1万円チャージ毎に50円を付与

■「point+plus」について
「point+plus」は、カードを用いて、ハウスポイントや電子マネー機能、顧客データに基づくメール配信機能を付加することができる店舗向け販売促進ソリューションです。ポイントを貯める機能にとどまらず、ポイントカードを作る際に登録いただく顧客情報(お誕生日やメールアドレスなど)を活かし、そのお客様が欲しいお得な情報をメールで配信できる点が大きな特徴となっています。
さらに、リアルタイムでのカード利用実績取得機能も備えているため、データにもとづいたキャンペーンの実施等、タイムリーなマーケティング活動を可能にします。
【URL】リンク

■山科食品について
山科食品は、京都の山科駅前にある商業施設RACTO山科ショッピングセンター内にスーパーマーケット「フードショップラクト」を展開しています。安心、安全をモットーに新鮮な食品の提供に取組み、お客様に「信頼される店作り」を目指しております。

<アララ株式会社 会社概要>
会 社 名:アララ株式会社(arara inc.)
URL :リンク
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山2-24-15 青山タワービル別館
設   立:2006年8月16日
資 本 金:330,100,000円
代表取締役:岩井 陽介
事業内容:
【カード事業】 電子マネー管理、ポイント管理、会員管理、メール配信等を含む
統合型販促パッケージ「point+plus」、及びそれに関わるSI・アプリケーションの開発・提供
【メール事業】高速メール配信サービス「repica シリーズ」の開発・提供
【データセキュリティ事業】 個人情報検出ソフト「P-Pointerシリーズ」の開発・提供
【AR事業】 AR技術を採用した「ARAPPLI」「ARAPPLI SIGNAGE」「marcs」、
及びそれに関わるSIの企画・開発・提供
【スマートフォン事業】 スマートフォン向けアプリ「Q」、「everi」の企画・開発・提供

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。