logo

楽天トラベル「朝ごはんフェスティバル(R) 2016」日本一決めるファイナルステージ進出の6品が決定

旅行予約サービス「楽天トラベル」( リンク )は、全国の宿泊施設が提供する朝ごはんの日本一を決定する「朝ごはんフェスティバル(R) 2016」
リンク )の第2ステージ(二次予選)を勝ち残り、ファイナルステージに進出する6つの朝ごはんを以下のとおり発表しました。



<朝ごはんフェスティバル2016 ファイナルステージ進出朝ごはん> ※順不同
岩手県  「3種の八幡平スムージー」(写真A) 安比八幡平の食の宿 四季館 彩冬
宮城県  「清流育ち秋保米と気仙沼産フカヒレの中華あんかけ粥」(写真B) 秋保温泉 ホテル瑞鳳
山形県  「山形牛の旨味がたっぷり染み出た具だくさんの芋煮汁」(写真C) 温海温泉 萬国屋
山梨県  「ふわふわフレンチトーストに自家製ジャムを添えて」(写真D)  大泉高原 八ヶ岳ロイヤルホテル
岡山県  「岡山のブランド牛「千屋牛」の熟成フィレカツサンド」(写真E) 湯原温泉 我無らん
鹿児島県 「朝〆たばかり 鮮度抜群の錦江湾で獲れた真鯛潮茶漬」(写真F) 城山観光ホテル

(写真A) (写真B) (写真C)
[画像1: リンク ]

(写真D) (写真E) (写真F)

[画像2: リンク ]


第2ステージは、10月18日(火)・19日(水)の2日間にわたり、東京・二子玉川ライズにて開催されました。出品されたのは、エントリーされた約1,500の朝ごはんのうち、第1ステージ(一般ユーザーによるウェブ投票と、楽天トラベルに寄せられた過去の宿泊者の「食事」に関する口コミ評価により審査)を通過した、日本全国からの朝ごはん47品です。一般来場者に加え、料理研究家・浜内千波氏、人気朝ごはんインスタグラマー・山崎佳(@keiyamazaki)氏ら特別審査員の試食・投票によって、ファイナルステージに進出する6品を決定しました。

ファイナルステージは11月30日(水)、都内で開催予定です。以下5人の審査員が、6品のうち日本一の朝ごはんを試食と投票により決定します。

井上孝之 CREA WEB編集長
神田川俊郎 神田川本店 店主 全日本調理師協会名誉会長/日本食普及の親善大使
坂井宏行 ラ・ロシェル オーナーシェフ
武田和徳 楽天株式会社 常務執行役員 ライフ&レジャーカンパニー プレジデント
田中耕太郎 ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド 総料理長(朝ごはんフェスティバル2015優勝)
※50音順

なお「朝ごはんフェスティバル2016」の開催を記念して、10月31日(月)までの期間中、一般ユーザーを対象に「幸せになるおうち朝ごはん写真コンテスト」( リンク )を実施しています。#asafes2016 をつけて朝ごはんの写真を投稿したユーザーの中から、最優秀作品の投稿者(1名)に、「ファイナルステージ」に進出する6施設のうち希望の1施設のペア1泊分宿泊券(スタンダードクラス、二食付き、宿泊不可日あり)をプレゼントします。

楽天トラベル公式Facebook www.facebook.com/RakutenTravel
楽天トラベル公式Instagram @rakutentravel
楽天トラベルViber公開トーク 楽天トラベル
朝ごはんフェスティバル 2016 公式ハッシュタグ #asafes2016

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事