logo

『犬の国勢調査2016』愛犬の年齢11歳以上が増加。今年も高齢化傾向

生活用品製造卸のアイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 健太郎)が運営するオウンドメディア「アイリスペットどっとコム 犬といっしょ(リンク)」では、11月1日(火)の「犬(いぬ)の日」に合わせ、サイト会員を対象に飼い犬に関するアンケート調査を毎年実施し、集計結果をまとめた「犬の国勢調査2016」を発表します。



【愛犬の年齢について】
[画像1: リンク ]


7歳未満の頭数が減少・・・11歳以上が増加

2016年の愛犬の年齢の割合は、11歳以上が21.4%となっており、昨年の17.2%と比べ、4.2%増となりました。また、7歳未満の割合は、54.6%と昨年の58.0%に比べ3.4%少ない結果となりました。

【犬種ランキングについて】
第1位 MIX(雑種)(183頭)
第2位 チワワ (174頭)
第3位 ミニチュア・ダックスフンド (154頭)
第4位 トイ・プードル (147頭)
第5位 柴 (104頭)
第6位 パピヨン (43頭)
第7位 ヨークシャー・テリア (42頭)
第8位 シー・ズー (38頭)
第9位 ポメラニアン (28頭)
第10位 ビーグル (27頭)

今年もMIXが1位に!10kg未満のMIX頭数も増加

人気の犬種ランキングでは今年もMIXが一番多い結果でした。中でも10kg未満のMIXが増加傾向にあり、最近ではチワワ×ミニチュアダックスを「チワックス」、マルチーズ×トイプードルを「マルプー」などと呼び、純血種のMIXの人気が高まっています。また、TOP10に初めてビーグル犬がランクインしました。
[画像2: リンク ]


画像:MIXチワックス はなとこはるさんちのはな
[画像3: リンク ]

画像:MIXマルプー チップまるさんちのチップ

【犬のしつけについて】
愛犬の性格は「人が好き・友好的」が45.1%

[画像4: リンク ]

愛犬の性格について、「人が好き・友好的」なワンちゃんが45.1%と最も多い結果になりました。次に、「マイペース(41.5%)」や「好奇心旺盛(38.2%)」などが続き、ここまでを見ると全体的にポジティブで天真爛漫なワンちゃんが多いようです。愛犬の性格を理解して、しつけに役立ててくださいね!

[画像5: リンク ]


また、効果があるしつけ方法については「おやつをあげる」が41.6%と最も多く、最も効果が高い結果となりました。ぜひ、おやつのあげすぎに注意してしつけをしてみてくださいね!

【アンケート概要】
実施期間:2016年9月7日~10月2日
回答者数:940人
対象:アイリスペットどっとコム会員

参考:2015年調査
実施期間:2015年9月9日~10月4日
回答者数:1,002人

他にも犬の国勢調査2016では、愛犬の年齢、犬種、飼育環境についてや愛犬の困りごとなどのアンケート結果を掲載しています。

詳細な結果は「アイリスペットどっとコム 犬といっしょ 犬の国勢調査2016」からご覧いただけます。

犬の国勢調査2016結果発表
リンク


※「アイリスペットどっとコム 犬といっしょ」は、犬の病気やしつけ方など犬を飼育するのに役立つ情報サイト。無料会員向けのQ&Aや画像の投稿などのコンテンツも満載。

アイリスペットどっとコム 犬といっしょ
リンク
アイリスオーヤマ株式会社
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事