logo

2型糖尿病のインスリン治療に関する医師と患者さんへの意識調査結果を発表

日本イーライリリー株式会社・日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 2016年10月19日 15時00分
From Digital PR Platform


日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:パトリック・ジョンソン)と日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:青野吉晃)は、2型糖尿病におけるインスリン治療について、2型糖尿病を診療し、患者さんに対してインスリン治療の導入を実施している医師173名(以下、医師)と、インスリン治療の説明を受けたことはあるがインスリン治療を開始していない2型糖尿病患者さん148名(以下、インスリン未治療の患者さん)、およびインスリン治療開始から1年以内の2型糖尿病患者さん50名(以下、インスリン治療中の患者さん)を対象に調査を実施いたしました。

調査の結果、2型糖尿病治療において医師からインスリン治療に関する説明を受けたもののインスリン未治療の患者さんの89.2%が、インスリン治療について「わざわざインスリンを始めなくても、今の治療のままで大丈夫」と認識していることが明らかになりました。

医師と患者さんの、インスリン治療に関するコミュニケーションの実態をみると、患者さんに「インスリン治療が必要な段階にきている」と説明している医師は97.2%でした。一方患者さんの医師とのコミュニケーションに対する意識についてみたところ、インスリン未治療の患者さんの81.1%がインスリン治療について医師に「相談してみたいと思ったことがない」と回答し、相談意向が低いことが伺えました。また、インスリン治療中の患者さんにおいては「相談してみたいと思ったことがある」と回答した患者さんが54.0%に上り、インスリン治療を開始しているかどうかで患者さんの医師への相談意向に差が見られました。

インスリン治療中の患者さんにインスリン治療を開始した理由を聞くと、「HbA1cの値を改善したかった」「飲み薬では十分な治療効果が得られなかった」など治療に前向きな姿勢が多くみられました。また、医師から見てスムーズにインスリン治療の開始に至る患者さんの共通点について質問したところ、「治療への意欲が高い」「理解力がある」など患者さんのインスリン治療に対する積極性を理由にあげる回答が多くみられました。

本調査の結果から、インスリン治療を開始する上で、医師は患者さんが「なぜ今のままで大丈夫と思っているのか」の理由や意向を問いかけるようなコミュニケーションが重要であることが示唆されました。

【主な結果】
◆「わざわざインスリンを始めなくても、今の治療のままで大丈夫だ」など患者さんのインスリン治療に対する意識の課題が浮き彫りに
インスリン治療の必要性について説明は受けたもののインスリン未治療の患者さんの89.2%が、インスリン治療について「わざわざインスリンを始めなくても、今の治療のままで大丈夫だ」と認識していると回答。インスリン治療開始の提案について「困っていることは特にない」と回答した医師は11.0%に過ぎず、医師の約9割がインスリン治療の提案で困っており、「インスリン治療の必要性を理解してくれない」(59.5%)や「説明する時間が取れない」(48.0%)などの課題がある。

◆インスリン治療に関するコミュニケーションでは、患者さんの相談意向が低い
「インスリン治療が必要な段階にきている」と説明している医師は97.2%で、医師側からの説明は十分にされている。一方、インスリン未治療の患者さんの81.1%が医師に「相談してみたいと思ったことはない」と回答し、相談意向が低いことが伺える。

◆インスリン治療後からみる治療開始のポイントは、「治療への意欲」、「理解力」、「病識」
54.0%のインスリン治療中の患者さんが「医師に相談してみたいと思ったことがある」と回答しており、インスリン未治療の患者さんに比べ相談意向が高い。インスリン治療を開始した理由として「HbA1cの値を改善したかった」「飲み薬では十分な治療効果が得られなかった」など治療への前向きな姿勢が聞かれた。医師にインスリン治療の開始がうまくいく患者さんの共通点を聞いたところ「治療への意欲が高い」(20.8%)、「理解力がある」(17.9%)、「病識がある」(16.2%)などがあがった。


【調査概要】
調査目的:2型糖尿病におけるインスリン治療の開始に関する課題を明らかにする
調査対象:
・2型糖尿病を診療し、患者さんに対してインスリン治療の導入を実施している医師(173名)
・医師からインスリン治療の説明を受けたことはあるがインスリン未治療の2型糖尿病患者さん(148名)
・インスリン治療開始から1年以内で、現在も治療継続中の2型糖尿病患者さん(50名)
※(  )の中は有効回答数
調査地域:全国
調査手法:インターネット調査(実査は株式会社メディリードに委託)
調査時期:2016年8月5日~8月9日


その他の調査結果は下記URLからご確認ください
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。