logo

男性における男性型脱毛症の啓発活動開始のお知らせ

グラクソ・スミスクライン株式会社 2016年10月19日 11時00分
From Digital PR Platform


グラクソ・スミスクライン株式会社(社長:フィリップ・フォシェ、本社:東京都渋谷区 以下GSK)は、10月20日の「頭髪の日」を機に、男性における男性型脱毛症の疾患啓発活動として、順次YouTubeでのWeb動画配信やTVCM放映等を開始します。
この疾患啓発活動は、男性型脱毛症で悩む20~50代の男性に男性型脱毛症は治療可能であることを知っていただき、治療への一歩を踏み出せるきっかけとなることを目的としています。
このたびの啓発サポーターについては、幅広い世代に支持されている女優・剛力彩芽さんを起用します。

Web動画、TVCMでは、剛力さんが薄毛を気にしている男性に対し、「一人で悩まないで“病院で発毛相談”してみよう」と優しく応援する内容となっており、Web動画は10月から、TVCMは11月からの放映を予定しています。

また、疾患啓発ウェブサイト「発毛Web」では、男性型脱毛症に悩む男性が適切な治療を受け、生活の質(QOL)を向上させることができるよう、様々な情報を掲載しています。
本ウェブサイトは、8月25日にリニューアルされ、より見やすく、より使いやすい仕様となりました。
男性型脱毛症の原因や治療についての患者さんの素朴な疑問に対応したページや、動画ギャラリーなどが新たに掲載され、さらに、男性型脱毛症治療が可能な近隣の医療機関を検索できる「発毛の病院検索」もより使いやすくなりました。

疾患啓発ウェブサイト「発毛Web」:リンク

男性型脱毛症は、思春期以降に始まり徐々に進行する、男性においてもっともよくみられる脱毛の病型で、前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなり、最終的には額の生え際が後退し頭頂部の毛髪がなくなることが特徴です*1。
生命に影響を及ぼす疾患ではありませんが、外見上の印象を大きく左右するため、薄毛に悩む男性の心理的ストレスは強く、多くの方が治療を望んでいます*2。
しかしながら、まだまだ啓発が十分とはいえず、GSKではこの疾患啓発活動を通じて、多くの方が適切な治療にアクセスする機会を得ることができるよう願っています。

GSKは2016年6月より男性における男性型脱毛症治療薬「ザガーロ(R)カプセル0.1mg」、「ザガーロ(R)カプセル0.5mg」を販売しています。


*1 坪井良治、日皮会誌 118(2)、163-170, 2008
*2 板見智. PROGRESS IN MEDICINE 2011; 31(8): 1995 -2000



【参考】
10月20日21時30分より、一般の方を対象とした「男性型脱毛症Webセミナー」を開催します。
本セミナーでは、弊社メディカル・アフェアーズ部門社員より、男性型脱毛症に関する最近の話題について紹介します。
参加は無料で疾患啓発ウェブサイト「発毛Web」から申込された方にご視聴いただきます。リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。