logo

MEDIBEACONとワシントン大が110万ドルの助成金で世界の健康・発展へ画期的研究

MediBeacon Inc. 2016年10月19日 10時01分
From 共同通信PRワイヤー

MEDIBEACONとワシントン大が110万ドルの助成金で世界の健康・発展へ画期的研究

AsiaNet 66182(1320)

【セントルイス2016年10月18日PR Newswire=共同通信JBN】MediBeacon Inc.は18日、小児の栄養失調および関連する発育不全などの諸問題に対する理解の向上を目指す研究プロジェクトで、セントルイスにあるワシントン大学医学部の科学者と共同研究を行うと発表した。この研究は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団がワシントン大学に拠出したGrand Challenges Explorations Phase II助成金で賄われる。これは2014年に実施されたPhase I Grand Challenges Explorations Awardを通じて実施された研究へのフォローアップ助成となる。

研究プロジェクトは、ワシントン大学医学部とセントルイス小児科病院の小児科・消化器疾患・肝臓病・栄養学部長であるフィリップ・I・ター医学博士(MD)が指揮する。ター博士とMediBeaconは共同して、ヒト消化管の浸透性をモニターする革新的で世界的な健康・開発研究プロジェクトを追求し続ける。

Grand Challenges Explorationsは、持続的な世界的健康・開発問題を解決する新しい方法を生み出しうるアイデアを探求する世界の科学者に資金提供する。申請された約3%がフェーズIで提供され、そのうちほぼ10件に1件がフェーズIIの助成金も受ける。フェーズIIの助成金を受け取ることは、フェーズIが成功して、提案された研究が小児の健康を増進させるテクノロジーであると財団が評価していることの表れである。

小児科のメルヴィン・E・カーナハン名誉教授でワシントン大学医学部・分子微生物学教授でもあるター博士は「異常な消化管浸透性は、世界の資源不足の地域の子供たちに見られる成長阻害と栄養失調を含め、さまざまなヒトの失調に関係があるとますます認知されている。消化管機能の重要な基準である消化管の浸透性については、容易に管理し信頼できる試験法は存在しない。われわれはMediBeaconの蛍光検知試薬とテクノロジーを利用して、血液を採取し、またはサンプルを収集することなく、消化管の浸透性をモニターする計画だ」と語った。

MediBeaconは消化管の浸透性を測定するため、独自の追跡試薬と検知法を開発した。 MediBeaconの創業者で最高科学責任者(CSO)であるリチャード・ドーショー医学博士(Ph.D.)は「われわれは発育不全と栄養失調の子供たちにより良い治療法を提供できるかなりの可能性のあるプロジェクトの一員であることに興奮している。われわれはまた、このテクノロジーによって医師がクローン病、潰瘍性結腸炎、その他多くの炎症性消化管プロセスにかかった患者の治療を最適化することができると期待している」と語った。

MediBeaconの投資家には、HC2 Holdings, Inc.の全額出資子会社であるPansend Life Sciences, LLCが含まれる。

▽Grand Challenges Explorationsについて
Grand Challenges Explorations(リンク
aspx )は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団(リンク )が出資している1億ドルのイニシアチブである。2008年に創設されて以来、55カ国以上の950人余りがGrand Challenges Explorationsの助成金を受け取っている。この助成金プログラムは、すべての分野、すべての組織のすべての人々に開かれている。そのイニシアチブは短い2ページのオンライン申請だけで迅速かつ加速的な助成金決定プロセスを採用しており、予備的なデータは必要ない。10万米ドルの当初助成金は1年に2度与えられる。プロジェクトが成功を収めると、最高100万ドルのフォローアップ助成金を受け取る機会が生まれる。

▽MediBeacon Inc.について
MediBeaconの使命は、人間集団における生理学的モニタリング、外科的アドバイス、病理学的疾患に対して、生体適合性のある光学的診断薬を商品化することである。これら分野におけるいくつかの製品コンセプトは、MediBeacon Intellectual Property(知的所有権)に属する資産に含まれている。MediBeaconの製品ポートフォリオには、光に当たって輝く独自の蛍光追跡試薬と結び付いた光学的スキンセンサーを使う腎機能システムが含まれる。このシステムは現在人体臨床試験中であり、医師は患者の腎臓機能を継続的にリアルタイムでモニタリングすることができる。

MediBeaconに関する詳しい情報はリンク を参照。

▽HC2 Holdings, Inc.について
HC2 Holdings, Inc.は株式が公開取引されている多角的持株会社で、すべての利害関係者に長期的で持続可能で自由なキャッシュフローと魅力的な収益を生み出せる事業を買収、成長させる機会を追求している。HC2は製造、海運サービス、公益事業、電気通信、保険、ライフサイエンスなど、7つの報告対象部門にわたる多様な営業子会社を持っている。HC2の最大の営業子会社には、米国の有力な構造鋼材製造会社、組立て会社のSchuff International, Inc.、海底ケーブルのエンジニアリングと海中サービスの有力プロバイダーであるGlobal Marine Systems Limitedがある。HC2の創立は1994年、本社は米ニューヨーク州ニューヨーク。

ソース:MediBeacon Inc.

▽問い合わせ先
Steve Hanley
MediBeacon Inc.,
+1 314-269-5808
Hanley@medibeacon.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事