logo

オプテックスとM-SOLUTIONSが Pepper のIoTソリューションを開発

SBT 2016年10月17日 16時10分
From PR TIMES

国内初、自動ドアセンサーを起点にPepperの動作・セリフの設定が可能に!

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)と、オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、取締役会長兼代表取締役社長:小林 徹、以下オプテックス)は、共同で、ソフトバンクロボティクス株式会社が提供する人型ロボット「Pepper」と、オプテックスの自動ドアセンサー等を連携させる「IoTセンサー連携オプション」を開発しましたのでお知らせいたします。本サービスは2016年10月17日より、M-SOLのPepper動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」のオプションとして提供を開始いたします。



[画像1: リンク ]


Smart at robo for Pepper「IoTセンサー連携オプション」について

M-SOLが提供する「Smart at robo for Pepper」は、月額利用料38,000円(税別)で Pepper のセリフや動作の設定を簡単に行うサービスです。今回開発した「IoTセンサー連携オプション」により、Pepperは、タイマーやPepperに搭載された近距離で反応するセンサー以外に、特定の場所に設置したオプテックスのセンサーと連携させることで、より人の動きに連動したコミュニケーションが可能となります。本オプションサービスは月額利用金5,000円(税別)です。

■オプテックスのセンサー連携によるPepper活用の想定

[表1: リンク ]



侵入者検知用防犯センサーや自動ドアセンサーなどで世界トッププラスのマーケットシェアを保有するオプテックスは、各種センサー機器のみならず、総合的なセンシングソリューションの提供を推進しています。一方、M-SOLはモバイル端末を利用した企業エントランスサービスやPepperの動作設定サービスを提供するなど、IoTデバイス向けアプリケーション開発を得意としています。

両社の得意分野の技術力を組み合わせることにより、センサーと クラウドサービス(Microsoft Azure) を連携し、Pepperの動作を指定する機能の開発に成功しました。M-SOLは、今後、この機能を利用した具体的なアプリケーションを生活のあらゆるシーンに展開を図り、サービスロボットが社会の重要な役割を担える存在にしてまいります。

▼ 「Smart at robo for Pepper」についてはこちらをご覧ください。
リンク


オプテックスについて

オプテックスは、さまざまなセンシング技術を応用し、防犯用途、自動ドア用途、照明用途をはじめとする幅広い事業分野で、製品やアプリケーションを開発するセンサーメーカーです。特に屋外向けの防犯用侵入検知センサーや自動ドアセンサーでは、国内外でトップクラスのマーケットシェアを保有しており、高い技術力と商品開発力を活かしたグローバルニッチNo.1の商品やサービスを提供しています。また、各種センサー・システムで、IoTビジネスを実現する新たなソリューション提供に向けて取り組んでおります。

[画像2: リンク ]


会社概要

[表2: リンク ]




M-SOLUTIONSについて

M-SOLは、ソフトバンク・テクノロジーグループのモバイル・ロボアプリ開発企業です。ソフトバンクのグループ企業として創業し、主にグループのシステム開発を行ってきました。ソフトバンクグループが着々と拡大していく中で、M-SOLは数多くの案件に取り組み、成功に導いてきました。今後、スマートロボットはスマートフォンやタブレット端末と同様に、社会へ急激に浸透が進んで行きます。その分野で先陣を切って、ロボアプリの開発とコンサルティングを通じて、お客様のビジネス拡大や業務支援に貢献してまいります。

[画像3: リンク ]


会社概要

[表3: リンク ]



※ロボアプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社の登録商標です。
※Smart at robo for Pepperは、ソフトバンクロボティクス株式会社のPepperを活用し当社で独自開発したサービスです。
※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事