logo

住宅ローン借り換えの利回りは国内株式投信の9倍!各金融商品の利回りを比較した結果、住宅ローン借り換えが最も高い利回りを得られることが判明!

株式会社MFS 2016年10月17日 15時43分
From PR TIMES

住宅ローンファイナンスに特化したフィンテック企業の株式会社MFS(東京都千代田区、代表取締役CEO:中山田 明、以下MFS)は、モゲチェックユーザー1.5万人のデータを用い、住宅ローン借り換えと各金融商品の利回りを比較した結果、借り換えが最も利回りが高いことが分かりましたのでお伝えします。



[画像1: リンク ]


[画像2: リンク ]




住宅ローンの利回りは47%で国内株式投信の9倍!


 住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」ユーザー1.5万人を対象に、借り換え諸費用のうちローンに組み込めずに手出しとなる金額(20万円を想定)を投資額と見立てて年次返済軽減額[1]をリターンと定義した場合、利回り平均が47%と計算されました。これは国内株式投信の9倍、国際株式投信の6倍の水準となります(グラフ1[2])。

 また、住宅ローン借り換え利回りの分布ですが、1/3以上のユーザーに50%以上の利回りが得られる可能性があることが分かりました(グラフ2)。 マイナス金利によって借り換えメリットが得やすくなっており、かつ住宅ローンは審査に通れば確実にメリットが得られるため、マイナス金利下の運用難において非常に魅力的な金融取引と言えるでしょう。

[1] 毎年の返済軽減額に手出し部分20万円を返済年数で分割したものを合算して算出
[2] 投信はモーニングスターの過去10年リターン(年率)。金投資は田中貴金属による小売価格での過去10年リターン。定期預金はメガバンクの1年定期の平均値


モゲチェックについて

 
 『家計の見直しは住宅ローンの借り換えから』
 家計にインパクトのある住宅ローンを最もお得に借り換えるサポートを目的に、全国120行1,000本以上の住宅ローンランキングの中からご自身の借入額や金利タイプを分析、借り換えメリット額※に応じたランキングが作成され、ベストな住宅ローンの借り換え先が見つかるサービスです。
リンク

[画像3: リンク ]




住宅ローン借り換えコンサルティングサービス「モーゲージ・ネクスト」について



【モーゲージ・ネクストの特長】
・全国120銀行1,000本のローンの中から最適なローンをチョイス
・面倒な借り換え手続きをトータルサポート
・最適な返済方法を完済までアドバイスするアフターサポート

【モーゲージ・ネクスト 京橋の概要】
・所在地 東京都中央区京橋3-6-21 京橋伸和ビル6階
・ウェブサイト: リンク
・連絡先 03-6869-6872, support@mortgagefss.jp
・営業時間 平日10:00-21:00、土日祝10:00-18:00


[画像4: リンク ]




MFSについて



【概要】
・会社名:株式会社MFS
・代表者:代表取締役CEO 中山田 明
・設立:2009年
・所在地:東京都千代田区永田町2-17-17 アイオス永田町402号
・事業:モーゲージ・ネクスト(住宅ローン借り換えコンサルティングサービス)・モゲチェック(住宅ローン借り換えアプリ)
・HP:リンク

【CEO 中山田 明の経歴】
・1991年東京大学経済学部卒
・1999年ベアー・スターンズ証券会社にて日本初の住宅ローン証券化案件を担当
・2001年新生銀行にてSBIグループと日本初のモーゲージバンクビジネスを開始
・2006年新生銀行にて楽天と合弁会社(楽天モーゲージ)を設立。フラット35を対象とするモーゲージバンクビジネスを開始
・2011年SBIモーゲージ(現アルヒ株式会社)入社。2012年よりCFOを歴任
・2014年10月よりMFS代表

【本リリースのお問い合わせ先】
・広報担当 塩澤
・Email pr@mortgagefss.jp Tel 03-6273-3541 Fax 03-6273-3542


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。