logo

京都高島屋に、カジュアルきもののセレクトコーナー「Kimono Closet」オープン

株式会社高島屋 2016年10月17日 10時50分
From Digital PR Platform


京都高島屋5階呉服売場(京都市下京区)に、2016年10月12日(水)、「Kimono Closet」(きもの くろーぜっと)がオープンいたしました。トレンドに敏感な20~30代女性に、洋服感覚できものを選んで着ていただきたいという思いでオープンした新しいセレクトコーナーです。

セレモニーやお稽古事以外で、きものを着用する機会が減ってきた現代。しかしながら、ゆかたは、京都高島屋での売上の約3割を10~20代のお客様によるお買上げが占めるなど、若い世代のお客様から支持されており、ここ数年、京都高島屋のゆかた商戦は売上げを伸ばし続けています。

ゆかたを買われるお客様は、花火やお祭りなど着用機会に向けてご購入されるケースが多く、また、ファッションの一部として楽しまれる傾向にあるのが特徴です。洋服に比べ、大胆な色柄やコーディネートを楽しみやすいのも魅力のひとつと捉えられているようです。

ゆかたの人気に伴い、洋服とは異なるおしゃれを楽しめるカジュアルきものも注目を集め始めており、女子会やショッピング、街歩きなどで気軽にきものを楽しみたいというお声もきかれます。

そのような背景を受けて、このたび「Kimono Closet」コーナーをオープンいたしました。ファッションの一部としてゆかたを楽しまれている世代の方に向けて、「まるでワンピースを選ぶように、洋服感覚できものを選んで、ワードローブに加えていただきたい」という思いで企画。

日常のワードローブの一部としてご提案することで、20~30代女性のカジュアルきもの需要を発掘し、きものファンの増加にもつなげていきたいと考えています。


■「Kimono Closet」の特徴
(1)気軽にカジュアルきものをお楽しみいただけるよう、プレタきものと半幅帯を中心に品揃えしました。お誂えの魅力をご提案するため、お求めいただきやすい価格帯の着尺もあわせてご提案します。

(2)特徴的な商品として、大妻女子大学とのコラボレーションによって誕生した「高島屋所蔵デザイン×大妻女子大学」復刻柄カジュアルプレタきものを販売。学生たちの感性によって誕生した高島屋限定商品です。

(3)常時取り扱うブランド(7ブランド)に加え、期間限定のブランドが登場します。1~2週間ごとに内容を入れ替え、常に新しさのあるコーディネートをご提案いたします。

(4)SNSでの情報発信を強化。京都高島屋公式Facebookなどで、随時最新情報を発信していきます。


■「高島屋所蔵デザイン×大妻女子大学」 復刻柄カジュアルプレタきものについて
〈コンセプト〉
「ゆかたを着たことはあるけれど、きものははじめて」、「元々きものが好きだけど新しいエッセンスの柄を楽しみたい」、そんな20~30代の女性に向けて、大妻女子大学(東京都千代田区)のご協力のもと、高島屋が新たなきものを製作しました。

女子会やデート、ショッピング、ちょっとした街歩きなど幅広いシーンで自分らしくカジュアルに楽しんでいただきたいきものです。

〈商品製作の流れ〉
2015年、高島屋史料館(大阪市浪速区)において、染織や被服を学ぶ諸大学の学生研修が行われました。染織品の歴史的価値などを調査する中で、史料館が所蔵する明治・大正期のゆかたの生地見本を見た学生たちから、現在のゆかたやきものには無いような大胆な構図や柄が「とてもかわいい」「こんなゆかたやきものがあったら着てみたい」という声が多数あがりました。

そのような気付きをもとに、このたび大妻女子大学家政学部被服学科の中川麻子准教授にご協力いただき、現代の学生たちの生の声を参考に、復刻柄のカジュアルプレタきもの(婦人プレタ小紋きもの)の製作に取り組みました。

取り組みには、大妻女子大学家政学部被服学科の学生たち32名が参加。学生たちが、高島屋史料館が所蔵する明治・大正期のゆかた柄見本生地から好きな柄や着てみたい柄を選定し、また、価格や着用したいシーンなどもフリートーク形式でヒアリングを実施し、学生たちの声を取り入れました。

現代のきものの染色技法としては最先端の技法のひとつ<インクジェット捺染(なっせん)>を採用。お求めやすい価格帯で当時の柄を高いクオリティで再現しつつ、現代に合うデザインや配色にアレンジしました。

〈柄について〉
高島屋史料館が所蔵する明治・大正期のゆかた柄見本生地約400種の中から、現代にこそ袖を通してみたい柄を学生たちが選定。伝統的な草花の柄、幾何学的な模様など、様々なデザインと配色で製作しました。

〈素材について〉
着心地やメンテナンス、価格など様々なご要望にお応えするため、ポリエステルと木綿で製作しました。

〈商品バリエーションについて〉
復刻柄カジュアルプレタきもの(ポリエステル100%) 税込42,120円 (全7柄) ワンサイズ
復刻柄カジュアルプレタきもの(綿100%) 税込34,560円 (全7柄) ワンサイズ
半幅帯(ポリエステル100%) 税込16,200円 全2柄
半幅帯(綿100%) 税込16,200円 全3柄

※写真は、復刻柄カジュアルプレタきもの(ポリエステル100%)の着用イメージです。


■期間限定で取り扱うブランドについて
常時取り扱うブランドに加え、期間限定のブランドが登場します。1~2週間ごとに内容を入れ替え、常に新しさのあるコーディネートをご提案いたします。
○ 2016年10月12日(水)~10月18日(火)「ろっこや」
○ 2016年10月19日(水)~10月25日(火)「ミミズクヤ」


■「Kimono Closet」コーナーの概要
○コーナー面積
約40m2

○取り扱いブランド(オープン時/順不同)
「嵐山よしむら」、「WA・KKA」(わっか)、「UNSODO」(うんそうどう)、「キスミス」、「高島屋所蔵デザイン×大妻女子大学」、「西陣 田中伝」(にしじん たなかでん)〈※半幅帯のセミオーダー〉、「東レシルック」
計7ブランド

○取り扱いアイテム
プレタきもの、着尺、半幅帯、半襦袢、草履、三部紐、バッグなど

○取り扱い点数(オープン時)
約300点

○中心価格帯
プレタきもの 税込34,560~62,640円
半幅帯 税込16,200~39,960円
着尺 税込86,400円~


【京都高島屋ホームページ】
リンク

【お問い合わせ】
京都高島屋
京都市下京区四条通河原町西入真町52
電話:075(221)8811(代)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。