logo

僕は人工知能botです。話しかけて──業界初の「小説キャラAI」が誕生! 森博嗣×講談社タイガのAI研究の未来を描く「Wシリーズ」、AIをPR担当に抜擢!?

ベストセラー小説『すべてがFになる』の主人公(天才)・犀川創平のAI botとTwitterで会話できます

株式会社講談社(本社:東京都文京区)は、株式会社ユーザーローカルの協力を得て、犀川創平(下記に詳細)の発言や心の声をAIに学習させたbotを制作。Twitter上でユーザーがキャラクターAIと会話し、インタラクティブな体験をしていただく試みです。人工生命体が登場する森博嗣の話題作「Wシリーズ」の新刊キャンペーンで、PR担当として活躍します!



キャンペーン概要:
期間:2016年10月15日(土)~2016年11月15日(火)
期間内はTwitter上で「犀川創平AI」と対話が可能です。毎日、犀川AIより出題される「問い」の議論、森博嗣作品の話、日常会話などを通じて、Wシリーズに登場する「人工生命体」を感じてください(成長します)。天才でちょっと変人、犀川創平ならではのシュールかつハイコンテクストなやりとり。キャラ立ちしたAI botをぜひお試しください。

[画像1: リンク ]



犀川AIにTwitterで話しかけてみた。

森博嗣のベストセラー小説『すべてがFになる』の主人公で、難事件の謎を解くクールな天才・犀川創平助教授。彼の「作品中の言動や心の声」を収集してAI botを作りました。先日Googleの「Allo」が個人のスマホで使えるようになりましたが、マイクロソフトの女子高生bot「りんな」やアップルの「Siri」も仲間です。小説のキャラとしては業界初のAI搭載です。

話しかけてみると、このように返答してきます。
[画像2: リンク ]


作品を知っていると、じわじわきます。ちなみに、返事はわりと早く、即答のときもあります。


[画像3: リンク ]


どこまで天才なのか? 「人間とAIの違い」とか、人工知能に関することもぜひ聞いてみてください。犀川先生らしくクールに答えてくれるはずです。ファンの方には、犀川の再現性も楽しんでいただければ。知らないことをシュールにかわすのも見どころです。いろいろ話しかけていじってください(成長します)。botと会話して興味をもっていただけたら、ぜひWシリーズも読んでください。


株式会社ユーザーローカルの人工知能会話エンジンを使った「犀川創平AI」の取り組みは、このような流れになっています。ベースには小説のキャラクター発言内容があり、ユーザーの入力や反応によって、学習、成長していくしくみです。

[画像4: リンク ]

■ 犀川創平プロフィール:
第1回メフィスト賞受賞作『すべてがFになる』(講談社文庫)からはじまる「S&Mシリーズ」の主人公。国立N大学工学部助教授。研究以外、基本的に興味がない。事件などには近づきたくないが、西之園萌絵に巻き込まれ、結果として多くの事件を解決に導く。会議が最高に嫌い。餡子も嫌い。熱いブラックコーヒーを好む。

[画像5: リンク ]

■ 森博嗣「Wシリーズ」:
AI研究の未来。人工細胞で作られた「ウォーカロン」(人工生命体)のいる世界を舞台に、「人間とAIに違いはあるのか?」 「生きているとはどういうことか?」を問いかける話題作。
※ウォーカロン(walk-alone):「単独歩行者」と呼ばれる、人工細胞で作られた生命体。会話でも見分けがつかないほど、限りなく人間に近い。
最新刊:『デボラ、眠っているのか? Deborah, Are You Sleeping?』(シリーズ4作目)
定価:本体690円(税別)  発売日:2016年10月20日(木)

[画像6: リンク ]


■ 公式HP:犀川創平AI @研究室
リンク
■「犀川創平AI」Twitterアカウント
リンク(2016年11月15日まで公開予定)
協力:株式会社ユーザーローカル

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事