logo

「おおいた留学生ビジネスセンター」にて「エンルート起業支援室」を開設します。

株式会社エンルート 2016年10月15日 10時44分
From PR TIMES

ドローン等の無人ロボットを活用した事業を志望する、留学生の起業を支援してまいります。

株式会社エンルート(本社:埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-29、代表取締役:伊豆智幸 以下エンルート)は、大分県別府市にある「APU PLAZA OITA」に「エンルート起業支援室」を2016年11月に開設します。



[画像: リンク ]

大分県別府市の「APU PLAZA OITA」は、APU(立命館アジア太平洋大学)の留学生コミュニティ施設で、起業を目指す留学生の支援を目的とした「エンルート起業支援室」を開設いたします。
エンルートのドローンに代表される無人ロボット技術を、農業、漁業、土木、警備などの産業適用を目的とした起業家をサポートいたします。日本国内での事業化はもとより、母国での事業支援も積極的に行います。日本の高信頼性技術は、海外での起業、事業化にも高い競争力を持つと考え、日本で学ばれた留学生と、母国の橋渡しになるような事業展開も期待いたします。
「エンルート起業支援室」には、埼玉本社とのテレビ会議システムを設置し、留学生が事業化プレゼンテーションを随時行える環境を用意いたします。プレゼンテーションを通して、エンルートから機材や資金のサポートを行います。また、エンルートのドローン、無人車両などの最新モデルを常備し、起業のアイディア作りや商談に役立てます。
クライアントを起業支援室や、併設される打合せ室に招き、テレビ会議による本社スタッフのサポートも交えて商談を進められるよう準備いたします。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社エンルート
メールアドレス:info@enroute.co.jp
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。