logo

世界初の油圧ハイブリッドロボットを開発 -- 高速で精密・柔軟で衝撃に強い -- 立命館大学

立命館大学 2016年10月15日 08時05分
From Digital PR Platform


理工学部ロボティクス学科の玄相昊(ゲン ソウコウ)・准教授は、従来の2つの油圧回路の特徴をうまく組み合わせた、新たな駆動装置(油圧ハイブリッドサーボブースター)を発明し、その駆動装置を搭載した油圧ハイブリッドロボットアームを世界で初めて開発した。


 このロボットは、細身で軽量なボディと最低限の圧力で高速にキビキビと動きつつ、スピードを落として手先を超精密に動かすことができるなど、ロボットに要求される高速性と精密性を兼ね備えている。また、必要に応じて小型ポンプで圧力を足し合わせることで(増圧作用)、重量物を持ち上げたり、大きな力を発揮することも可能である。加えて、関節を柔らかくしてソフトに物体を操ったり、突発的な衝撃を受け流すこともできる。

 本技術によって、屋外の苛酷な環境で人間の作業を代行・支援する、安価で高性能なロボットの実現が期待される。

 なお、本研究成果は10月19日から東京都で開催される「Japan Robot Week 2016」に出展する。

▼本件についての問い合わせ先 
 立命館大学広報課 担当:池田
 TEL: 075-813-8300

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事