logo

SPIRIT(スピリット)利用企業数350社突破!インフルエンサーマーケティング、代理店のみならず実店舗運営企業の直接利用が増加中

LIDDELL株式会社 2016年10月14日 18時09分
From PR TIMES

インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT(スピリット)」

LIDDELL株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:福田晃一、以下リデル)が運営する、個人の影響を企業が活用するインフルエンサープラットフォーム「SPIRIT(スピリット)」は、2016年10月14日(金)に利用企業数が350社を突破いたしました。



インフルエンサーマッチングプラットフォームSPIRIT(スピリット) URL:リンク

利用企業属性1位はファッション/美容、4位に飲食店/販売店/サービス
実店舗運営企業の直接利用が増加中!企業とインフルエンサーの距離縮まる

[画像1: リンク ]


「SPIRIT(スピリット)」は、2016年2月のサービスローンチ後、順調に利用企業数を伸ばし利用企業数350社を突破しました。350社を突破した背景には、SNS利用ユーザーの増加と企業のインフルエンサーマーケティングへの需要の拡大があります。1位は、ファッション/美容ですが、4位に飲食店/販売/サービスがはいっており、代理店を通さずインフルエンサーマーケティングに挑戦する飲食店が増えております。インフルエンサーと企業との距離が縮まってきていると言えるでしょう。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

SPIRIT(スピリット)のサービス活用をすることで、クライアントのタイミングに合わせて、低予算かつスピーディーに、案件発注からSNSでの情報拡散まで完了させられる点において利用企業から評価を得ております。また、5つのレポートプランが用意されており、企業の扱う商材に応じてプランを使い分けられる柔軟性も魅力の一つとなっております。コストパフォーマンスとスピード、そこに柔軟性が加わることで、効果検証もスムーズに行えてPDCAサイクルが効率的に回せることで、クライアント規模、業種問わずニーズが加速していると考えられます。

2016年度中に、利用企業数1,000社、2020年には10,000社へ
SPIRIT(スピリット)の利用企業社数は、サービスローンチ後、順調に利用企業数を伸ばしておりますが、2016年度中に1,000社到達を計画しております。また、2020年には利用企業数10,000社を事業目標としております。

今後も国内最大級のインフルエンサープラットフォームサービスとして、利用企業数の拡大とインフルエンサーマーケティング市場の拡大をサポートしていきます。

【SPIRITとは】空いた時間にSNSを利用して収入を得たいと考える人気インスタグラマーやマイクロインフルエンサーと、商品・サービス・イベントなどの情報をSNSで拡散してほしいと考える企業がプラットフォーム上で手軽にやり取りできるサービスです。登録しているインフルエンサーの数は現在18,000人以上、国内最大数となっており有名プロダクション所属からフリーでニッチな訴求に強いマイクロインフルエンサーまで多岐にわたります。

国内最大級のインフルエンサープラットフォームSPIRIT(スピリット) URL:リンク
-企業登録はこちらから URL:リンク
-インフルエンサー登録はこちらから URL:リンク

会社名:LIDDELL株式会社/ LIDDELL Inc.
代表者:代表取締役CEO 福田晃一
本社:東京都港区南青山4-17-4四神ビル2F
事業内容:エンターテインメントに特化したインフルエンサー及びソーシャルメディアマーケティング事業
インフルエンサーマッチングプラットフォームSPIRIT(スピリット):リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
LIDDELL株式会社 担当:三ツ木/関根
メール:info@spirit-japan.com  電話:03-6432-9806

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。