logo

モンサント・ファンド、米国心臓協会とヌムール(小児医療のための非営利団体)が共同の取り組みを発表

日本モンサント株式会社 2016年10月14日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月14日

日本モンサント株式会社

120の保育センターに、5 年間で390万米ドルを支援するパイロット・プログラム


モンサント・ファンド(基金)、米国心臓協会とヌムール(小児医療のための非営利団体)が食料入手と栄養状態改善への共同の取り組みを発表 

120の保育センターに、5 年間で390万米ドルを支援するパイロット・プログラム

セントルイス(2016年10月11日) - 米国農務省によると、昨年米国の食糧の安全保障に改善が見られた一方、約3百万の家庭ではいまだ子供たちに十分な、栄養のある食事を与えることが出来なかったとのことです。栄養失調や十分な食事を取れない乳幼児(5歳以下)のためにモンサント・ファンド(基金)は、米国心臓協会とヌムール(小児医療のための非営利団体)との共同プログラムである「幼児教育のための健康食同盟」に対し、セントルイス地区で、パイロット・プログラムとして5年間390万米ドル(約4億円)を支援することとしました。
小児肥満症の子供たちの栄養状態改善のため、2013年に先行して創設された「Healthy Way to Grow(成長に向けての健康的習慣)」は、セントルイス地区において120以上の保育センターや教育プログラムの中で展開中です。プログラムの新しい要素として、「幼児教育のための健康食同盟」は「食の砂漠」に果敢に挑戦し、家庭における健康な食生活環境を支えるための方法やリソースを提供するとともに、地域内において親が栄養価の高い食物が何かを判断することをサポートしています。
「米国心臓協会は、健全な心臓を維持した生活を奨励するとともに、今の子供たちに健康的な習慣を身に着けさせることで、将来のアメリカをより健康的にできるということを全米の市民に知らせようとしています」と、セントルイス米国心臓協会会長のマイケル・リム博士(Dr.Michael Lim)は語っています。そして、「セントルイス地区内の保育センターと共に活動することにより、「幼児教育のための健康食同盟」は適切な栄養補給に焦点を当て、毎日これらの保育センターで健康的な実践が行われるべく見守っております。米国心臓協会は、子供の健康システムを考える民間非営利団体であるヌムールのような組織や、セントルイスで子供たちに良い環境を提供しているモンサント・ファンド(基金)と喜んで連携したいと考えています」とも話しています。
健康的な食品への関心を高め、保育センターと家庭の両面で健康的な食べかたを促進することにより、このパイロット・プログラムは1万8千人以上の子供たちの栄養状態改善を目指しています。これが成功するなら、この試みはセントルイス以外の地区でも実施されることとなるでしょう。「栄養状態の違いや、増加している肥満児童の問題があるなかで、栄養失調は世界中の子供たちや家庭に大きな影響を及ぼしています。「幼児教育のための健康食同盟」は、重要な乳幼児期に、より多くの健康的な食品を提供することによって、栄養失調根絶と、子供たちが健康な食事習慣を身に着けて大人へと成長する基盤をつくる、という二つの任務を果たします」とモンサント・ファンド(基金)理事長のアル・ミッチェル氏(Al Mitchell)は語っています。
さらに、「このプログラムに対するモンサント・ファンド(基金)の支援は農家にとどまらず、栄養士や民間非営利団体、そして利便性・アクセス、またさまざまなタンパク質源や果物・野菜の消費を増加させる、食物供給チェーンのみなさまと共に活動すべく拡大しています」と説明しています。そして、「米国心臓協会と共に、どのようにして消費者の方たちに健康的な食事を普及するか、また健全な食事を妨げる要因は何か、そしていかにして援助が必要な子供たちや家庭に救いの手をさしのべられるか、といったことに対する理解を深めるお手伝いをしていくつもりです」と語っています。
乳幼児向けプログラム、またご両親やご家族向けも含め、プログラムについての詳細は下記を検索ください。( www.healthywaytogrow.org リンク

モンサント・ファンド(基金)について
モンサント・ファンド(基金)は、モンサント・カンパニーの慈善基金であり、農家やモンサント・カンパニー従業員が生活し働いている地域社会の連携を深めるために創設された民間非営利団体です。詳しくはモンサント・ファンド(基金)www.monsantofund.org リンクを検索ください。

モンサント・カンパニーについて
モンサント・カンパニーは、人口が増え続ける世界の人々に必要な食料を供給するために役立つ広範囲なソリューションを提供することに取り組んでいます。当社は果物や野菜からトウモロコシ、ダイズやワタといった主要穀物まで、農業生産者が十分な量の栄養のある食料を生産するのに役立つ様々な種子を生産しています。当社は農業生産者が天然資源を保全し、農業を改善するためのデータを用い、水や他の重要な資源をより効率的に使用し、そして作物を害虫や病気から守るために役立つ持続可能な農業ソリューションを提供するため尽力しています。プログラムやパートナーシップを通じ、当社は農業生産者、研究者、非営利団体、大学など、世界的な課題に取り組む人々と協力し合っています。モンサント・カンパニーや当社の取り組み、および問題解決のため献身的に取り組んでいる20,000人を超える従業員についての詳細は、discover.monsanto.com リンクおよび monsanto.com リンクをご覧ください。ツイッターのwww.twitter.com/MonsantoCo リンクやブログのwww.monsantoblog.com リンクのBeyond the Rows(R)、或いは当社のNews Release RSS Feedを購読されますと、さらに詳細な情報をご覧いただけます。

日本モンサント株式会社の取り組みや事業についての詳細は、こちらをご覧ください。
【ウェブサイト】 リンク
【Facebook】 リンク
【Twitter】 リンク
【Blog】 リンク

この件に関するお問い合わせ先
日本モンサント株式会社
E-mail: bio.info@monsanto.com mailto:bio.info@monsanto.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。