logo

ロシアのニューエコノミーが成長を主導し雇用を創出

Ulmart 2016年10月14日 16時11分
From 共同通信PRワイヤー

ロシアのニューエコノミーが成長を主導し雇用を創出

AsiaNet 66136 (1303)

【サンクトペテルブルク(ロシア)2016年10月14日PR Newswire=共同通信JBN】
ロシアのeコマース・プラットフォームで首位かつ売上高で初めて10億ドルを超えたオンライン・リテイラーであるUlmartはこのほど、ミュンヘンで開催された不動産展示会(Expo Real)において、同社が「新たなロシアの脱コモディティー経済(new Russian, post-commodity economy)」での主役である理由を明らかにした。

(Logo:リンク

ミュンヘン不動産展示会参加は2年目となるUlmartの姿勢はその革新的な手法で広範に賞賛された。Ulmartは自社の独自な都市型および郊外型のフルフィルメントセンター(FC:通販商品発送センター)の模型を展示するとともに、世界経済フォーラム(WEF)の創始者でありWEFエグゼクティブチェアマンでもあるクラウス・シュワブ氏が構想した「第4次産業革命(4th IR)」の中でUlmartの果たす役割に焦点を置いた3つのビジネスセッションを行った。

Ulmartのチーフ・インターナショナル・オフィサーであるブライアン・キーン氏は「このデジタル革命はビジネスの方法を作り直している。オールドエコノミーは未だにニューエコノミーの重要な基礎として重要ではあるが、今後10、20、30年間に成長を主導するものとはならない。ロシアのeコマース・プラットフォームで首位の座にあるものとして当社はシュワルブ教授の4th IRに関する著作を理解してきた。また現在、われわれのビジネス手法を前向きに設計し直しつつある。」と説明した。

不動産展示会でのビジネスセッションで企業の代表たちや参加者たちから繰り返し言及されたように、eコマースおよび当該技術全般は新たなそしてより堅固な活力を示し始めたロシア経済において雇用を創出しているだけではなく、この消費者が主導する成長はまた不動産評価の増大をもたらしつつある。

Ulmartのチーフ・コミュニケーションズ・オフィサーであるエレーナ・スミルノワ氏は次のように述べた。「古い倉庫群やインフラはわれわれが必要とするものを備えていない。ロシアのeコマーススペースにおける消費者たちは、欧州や米国の同様な消費者たちが求める需要とは異なる極めて特有の需要を持っている。これらの消費需要に応じるために、われわれはその当時までロシアでは使用されてこなかったテクノロジーを導入した当社のフルフィルメントセンターを特別仕様で建設する必要があった。その結果、当社の売上高はこの5年間で爆発的に伸びた。」

ロシアの消費者は4th IRの世界の経験に富む住民である。これらの消費者たちはロシア経済を主導して4th IRに追い付くか、あるいはUlmartの場合ではそれを先導している。国内の消費需要に応えることは最終的にはロシア経済を成長させているのだ。

ブライアン・キーン氏はUlmartのセッションの1つである「スマートシティーはロシア経済にとっての成長の島となるか」と題するセッションの最後に「4th IRはここにある。これを受け入れて繁栄するのか、あるいは理解することができずに繁栄しないのか」と述べた。

ソース:Ulmart

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事