logo

Neeraj Bhagat、ビジネスバリュエーションへのアプローチ

Neeraj Bhagat & Co. 2016年10月14日 15時34分
From 共同通信PRワイヤー

Neeraj Bhagat、ビジネスバリュエーションへのアプローチ

AsiaNet 66135 (1304)

【ニューデリー2016年10月14日PR Newswire=共同通信JBN】バリュエーションは企業の合併・買収(M&A)の訴訟で重要な部分であり、時には異議が申し立てられる主観的要素も関係する。インド勅許会計士協会(ICAI)はビジネスバリュエーション(事業価値評価)実施基準(BVPS)を策定し、提言した。その目的はインドでのバリュエーション事業を手掛ける評価業者のための統一的な原則、実施要項、手続きを確立することだ。

ビジネスバリュエーションは企業の「経済的価値」を決定する作業である。これはバリュエーションの期日に入手可能なデータを根拠にした一定の想定と限定条件に基づいている。

バリュエーションには大まかに言って次の3つのアプローチがある:

資産アプローチ
収益アプローチ
市場アプローチ

▽資産アプローチ
このコストベースのアプローチで重きを置かれるのは、事業の資産と負債の適切な市場評価額である。その結果、このアプローチでは無形資産を含む個別の資産と負債の価値を算定するさまざまな手法が使われる。

▽収益アプローチ
収益に着目したバリュエーションの手法は、どんな事業の現在の価値も、その事業の全部もしくは一部を取得することで得られると投資家が想定する将来の価値によって決まるという前提に立っている。

▽市場アプローチ
市場アプローチとは同種の上場企業の時価総額と比較することで当該企業の価値を算定する考え方を指す。この際の比較とは、ある種の財務比率のほか、比較対照の同業者の株式の株価純資産倍率(PBR)や株価収益率(PER)、EV(企業価値)/EBITDA (利払い・税引き・償却前利益)などの倍数を活用する。

▽筆者について
ニーラジ・バガット氏は1997年以来、インド勅許会計士協会(ICAI)の会員で、英国の国際会計士協会(AIA)の準会員でもある。バガット氏は、世界のさまざまな多国籍企業(MNC)にサービスを提供するインドの公認会計企業Neeraj Bhagat & Coの創業者。ニューデリー、グルガオン、ムンバイにオフィスを構えるNeeraj Bhagat & Coは、会計団体で世界のトップ20の1つINAA Accounting Associationのメンバーである。

詳しい情報は次へログオン: リンク

▽問い合わせ先
電子メール: neeraj@neerajbhagat.com

ソース:Neeraj Bhagat & Co.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。