logo

「ビフェスタ ハロウィンスペシャルWEBムービー」2016年10月14日(金)15:00よりYouTubeで公開、10月30日(日)動画の世界観を実際に体験できるブースが渋谷MODIに一夜限定出現!

株式会社マンダム 2016年10月14日 14時00分
From PR TIMES

話題のクリエーター集団が手がける不思議な世界 謎のデカ目女子が狂喜乱舞!

マンダムの「ビフェスタ」より、「ハロウィンの後は、ビフェスタで」というメッセージを込めたスペシャルWEBムービー『HALLOWEEN BEAUTY MOVIE』をYouTubeにて公開いたします。また、ハロウィン前日の10月30日(日)に、WEBムービーの世界観を体感できるイベントブースを渋谷MODIイベントスペースに一夜限定で開設します。ハロウィンにちなんだオリジナルフォトブースを設置し、ムービーに登場する特殊デカ目メイクをデザインしたオリジナルマスクや、「ビフェスタ うる落ち水クレンジング ローション」のサンプルを数量限定で配布いたします。



株式会社マンダム(本社:大阪市 社長執行役員:西村元延 以下マンダム)は、美肌をかなえるクレンジングブランド「Bifesta(以下、ビフェスタ)」より、ハロウィンメイクをめいっぱい楽しむ女性を応援し、ハロウィン後はビフェスタのクレンジングで簡単に「透明肌」を実現して頂くべく、スペシャルWEBムービー『HALLOWEEN BEAUTY MOVIE』を2016年10月14日(金)15:00からYouTubeにて公開いたします。
また、ハロウィン前日の10月30日(日)に、『HALLOWEEN BEAUTY MOVIE』の世界観を体感できるブースが渋谷MODIイベントスペースに一夜限定で出現。当日はハロウィンにちなんだオリジナルフォトブースを設置し、ムービーに登場する特殊デカ目メイクをデザインしたオリジナルマスクや、ビフェスタの人気シリーズである「ビフェスタ うる落ち水クレンジング ローション」のサンプルを数量限定で配布いたします。
実際にムービー内に登場する“デカ目女子”も登場し、フォトスペースで一緒に撮影も楽しんでいただけます。

[画像1: リンク ]

                『HALLOWEEN BEAUTY MOVIE』
                 リンク

スペシャルムービー制作背景
年々、日本でもハロウィンを楽しむ文化が拡大し若者の間では定番のイベントとなってきました。マンダムの調査(※)では、今年のハロウィンイベントへの参加意向は約60%で前年よりも10%ほど増加しています。また、これまでハロウィンイベントに参加したことがある人はなんと45%にものぼり、またその際に仮装した人は77.6%と多くの人が仮装を楽しんでおり、特に18~24歳では89.5%と、ハロウィンを楽しむには仮装はマストとなっています。皆がそれぞれ思い思いの仮装やハロウィンメイクを楽しみますが、ハロウィンにつきものの悩みといえばイベント後の「クレンジング」です。39.1%の人が「仮装状態で帰るのが恥ずかしい」、24.5%の人が「メイクを落とすのが大変」と回答しています。
ハロウィンだからこそチャレンジできる、とっておきのメイクをめいっぱい楽しむ女性たちを応援し、ハロウィンの後はビフェスタのクレンジングですっきりキレイな素肌を実現してほしいという想いで、今回のムービーを制作いたしました。※株式会社マンダム2016年9月実施 18~39才の女性 560名「ハロウィンに関する調査」

スペシャルムービー概要
◇タイトル:「ビフェスタ」スペシャルWEBムービー『 HALLOWEEN BEAUTY MOVIE』
◇公開日 :2016年10月14日(金)15:00 YouTubeにて先行配信
◇YouTube URL:
リンク

[画像2: リンク ]

イベント概要
◇日 程: 2016年10月30日(日)
◇時 間: 14 : 00~21: 00
◇場 所: 渋谷MODI 1Fイベントスペース
(東京都渋谷区神南1-21-3)
◇アクセス: 渋谷 / 東京メトロ半蔵門線 7番口144m 約2分
渋谷 / 東急田園都市線 7番口144m 約2分
渋谷 / JR山手線 ハチ公口269m 約4分
渋谷 / 東京メトロ銀座線 ハチ公口269m 約4分
渋谷 / 東京メトロ副都心線 13番口273m 約3分
◇実施概要:
<フォトブース>
動画の世界観を表現した巨大フォトパネルを使ったり、
ムービー内に登場する“デカ目女子”とハロウィンの記念撮影ができます。
<サンプリング>
・ムービーに登場する“デカ目女子”の特殊メイクをデザインしたオリジナルマスク
・ビフェスタ「うる落ち水クレンジング ローション」のサンプルセット
※配布数には限りがあります。

スペシャルムービーストーリー
辺りが闇に包まれた夜の古びた館。ドレッサーを見つけ鏡の前に座りメイクを始める女の子。キレイを目指す女性の憧れである“クリッとした大きな目”を手に入れ嬉しさのあまり狂気乱舞。場面は食卓へ、デカ目女子が3人に増えテーブル上で小気味よいダンスを繰り広げます。廊下では鏡に向かって踊っているのかと思いきや、3名が飛び出してきて総勢6人で館のあちらこちらで大はしゃぎ。ひとしきり踊りを楽しんだ後、メイクを落としたコットンがぽつりとテーブルに。きっと願いが叶って楽しんだ6人はすっきりさっぱりキレイな素肌の女性に戻っていったのでしょう。

スペシャルムービー撮影エピソード
・ 少女マンガのような、印象的なデカ目メイク
今話題のクリエーター集団 KAGE6SHAが担当。デカ目女子6名の特殊メイクは5時間かけて実施しました。
・ 目をつぶったまま踊るダンス
今回施した特殊メイクはダンサーが目をつぶってはじめてデカ目女子に見える演出だったため、6名のダンサー
は瞳を閉じて視界真っ暗の中、全行程のダンスを踊っています。
・ 総メイク5時間のデカ目がするっと落ちる
長時間に及ぶ撮影での度重なるメイク直しで、何層にも重なったメイクを落とすのが大変かと思われましたが、「ビフェスタ うる落ち水クレンジング ローション」をコットンに浸しやさしくなでるだけで、下記の通りするっとメイクが落ちて透明感のある肌へ戻りました。ムービーの最後に登場するコットンは実際にダンサーの特殊メイクを落としたものを使用しています。ハロウィン当日、メイクをしたまま帰宅するのが恥ずかしいという方は、ぜひ、うる落ち水クレンジングシリーズをバッグに忍ばせて帰宅前に使用してみてください。

メイク落とし前(特殊メイク時)
[画像3: リンク ]

メイク落とし後[画像4: リンク ]


クリエーター紹介
・ ELEVENPLAY・・・ デカ目女子ダンス振付担当
Perfumeの振付・ライブ演出を手掛けるほか、様々なCMやPVの振付で活躍する演出振付家MIKIKO率いるダンスカンパニー。真鍋大度氏率いるRhizomatiks Researchとのコラボレーションを多く行っており、「Sonar Festival」「セルバンティーノ国際芸術祭」「MUTEK MEXICO」などに出演。活躍の場を海外にも広げ、精力的に活動している。また、出演した椎名林檎・星野源・サカナクション等のMVも話題となり、ポップミュージックシーンでも注目を集めている。
[画像5: リンク ]

・ JIRO(KAGE6SHA)・・・ デカ目女子特殊メイク担当
特殊メイク・特殊造型アーティスト。有限会社自由廊代表/Shanic Maiyel CO.,LTD.
特殊メイク・造形制作/映像・広告・イベント・ファッション等々幅広い分野にてデザイン制作、ディレクションを担当。東京芸術大学卒業後、特殊メイクの道に入り、有限会社自由廊を設立。現在では特殊メイク・造形製作にとどまらず、クリエイティブディレクターとして、映画、ドラマ、CM等、映像の業界にとどまらず多方面で活躍中。TV東京系「TVチャンピオン」特殊メイク王選手権で2連覇を達成後、認定チャンピオンとなる。世界70カ国で読まれている『Make-up Artist Magazine』にて、「世界の注目アーティスト10人」に選出された。2014年には異色の6ジャンルからなるアーティストユニット『KAGE6SHA』を結成。最先端のペイント技術を用いた作品制作を手掛けており、その発想力とクオリティの高さで世界を魅了している。
[画像6: リンク ]


スタッフリスト
制作       株式会社電通
     株式会社wasa-be  
CD/PL   三浦 北斗(電通)
AD   岸田 麻里(電通)
AE 松尾 敏克(電通)
AE 河野 竜彦(電通)
AE 長谷 亜紀子(電通)
CP 長谷川 豊(電通クリエイティブフォース)
CP 福吉 直子(電通クリエイティブフォース)
P 小林 一匡(wasa-be)
PM 大村 瑞穂(wasa-be)
DIR 大澤 健太郎
CAM 大石 優
LIGHT 上野 甲子朗
HAIR/MAKE JIRO(自由廊)
ST 工藤 祐司(マナマナ)
DANCE KOHMEN(ELEVENPLAY)
ART 高橋 裕子(FUGA.co)
MUSIC AUDIO FORCE

ビフェスタについて
◇ビフェスタブランドサイト
リンク
◇ビフェスタYouTubeチャンネル
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。