logo

「粘着剤にあふれる生活」:ボスティック社が上海・バンドエリアで使い捨て衛生用品市場向けのイベント開催

ボスティック社 2016年10月14日 11時21分
From 共同通信PRワイヤー

「粘着剤にあふれる生活」:ボスティック社が上海・バンドエリアで使い捨て衛生用品市場向けのイベント開催

AsiaNet 65978

【上海2016年10月14日PR Newswire】アルケマグループ傘下で、世界的に有名な建築・消費材・工業用接着剤メーカーのボスティック社は、上海市外灘(バンド)エリアにおいて、「アジア衛生用品市場」向けサミットを開催した。「Life full of smart adhesives(粘着剤にあふれる生活)」をテーマに、世界中でブランドキャンペーンを展開するボスティック社が、上海でイベントを開催するのはこれで二度目となる。ボスティック社は、このイベントによって、アジアの使い捨て衛生用品市場に向けた糸ゴム固定用接着剤の『Brilliance(TM)』を近日中に発売すると発表した。

Photo - リンク
ボスティック・グローバルの不織布部門副社長兼アジア副総裁のJeff Merkt氏による開会宣言で開幕。

ボスティック社は、衛生用品業界から約80人のVIP顧客を招待して、最新のソリューションを紹介したほか、同社のアジア太平洋地区におけるグローバルマーケティングキャンペーンを紹介した。さらに、来場客に対して、各市場の現状やトレンドについての説明を行い、「機能性」衛生用品業界の更なる発展を促した。また、ベビー用おむつの消費者を招待して、少人数のフォーカスグループを組んで議論を行い、衛生用品メーカーが消費者ニーズを把握できるようにサポートした。

ボスティック・グローバルの不織布部門副社長兼アジア副総裁のJeff Merkt氏いわく、「アジアは衛生用品業界において最も成長著しい市場だ。市場の発展や競争の激化にともなって、絶えず高まる顧客ニーズに応えるべく、最新製品と差別化されたソリューションによって、様々な消費者ニーズに応えていく。」とのこと。また、「わが社は、メーカーや最終消費者との対話を重ね、彼らのニーズを理解することで、より機能的で的確な接着剤ソリューションを提供し、顧客の市場シェア獲得に役立ちたい。」とも述べた。

ボスティック社は、過去50年以上にわたって、世界最大の糸ゴム固定用接着剤のサプライヤーかつ業界リーダーとして、機能的接着剤を生み出し続け、絶えず衛生用品業界の変革と進歩を促進してきた。ボスティック社がこのほど発表した新型糸ゴム固定用接着剤『Brilliance(TM)』は、世界初の高性能ポリオレフィンラバーとして、ベビー用おむつ・女性用生理用品・成人用尿漏れ用品の糸ゴム固定用接着剤などの衛生用品に利用されている。

Photo - リンク
ボスティック社が発表した糸ゴム固定用接着剤 『Brilliance(TM)』

「Life full of smart adhesives(粘着剤にあふれる生活)」は、ボスティック社が世界的に展開する大規模なブランドイベントで、各地の顧客や消費者がよりボスティック社とその製品を理解し、生活に役立ててもらうための活動である。今年7月8日、上海の外灘(バンド)エリアで、アジア太平洋地区のイベントが開幕した。2016年7月8日から2017年1月8日の開催期間中は、外灘シティバンクビルの外壁に大型デジタル広告を掲載するほか、様々な業界でも新しく研究開発された製品群を続々と発表した。

Photo - リンク
外灘シティバンクビルに大型デジタル広告で「Life full of smart adhesives(粘着剤にあふれる生活)」をPR。

アルケマグループ傘下のボスティック社について

工業用・建築用・消費材市場において世界的に有名な接着剤専門メーカー。100年以上にわたり、機能性の新型粘着剤ソリューションを開発し続けながら、それらは日常生活で活用されている。人の一生において、家からオフィスに至るまで、ボスティック社の機能性粘着剤がないところはない。50ヵ国以上に支社があり、従業員数は4,972名。2015年の売上高は16億ユーロを突破した。詳細については、www.bostik.comを参照。

アルケマについて

材料やソリューションの設計者として、新型素材や革新的な応用方法を生み出し、製品性能を高めることで、顧客に貢献してきた。バランスのとれた多様化した製品ラインナップで、高性能材料・工業用特殊製品・塗料のソリューション領域を網羅している。一連の世界的著名ブランドを傘下に有し、そのすべての関連領域においてトップシェアの地位を獲得している。2015年の売上高は、77億ユーロで、約50ヵ国に展開しており、従業員は約19,000名。同社は、すべてのステークホルダーと積極的に協力するよう努めている。北米・フランス・アジアに研究開発センターを置き、バイオ製品・新エネルギー・水処理・電子ソリューション・軽量素材とその設計・住宅省エネと絶縁性などについて研究している。詳細については、www.arkema.com を参照。

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。