logo

朝日ネット、Tangerine(タンジェリン)株式会社に出資 ~IoT/O2Oプラットフォーム提供者との資本提携~

株式会社朝日ネット 2016年10月14日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月13日

株式会社朝日ネット

朝日ネット、Tangerine(タンジェリン)株式会社に出資
~IoT/O2Oプラットフォーム提供者との資本提携~

 株式会社朝日ネット(東証一部、証券コード:3834、本社:東京都中央区、代表取締役社長:土方次郎、以下、当社)は、IoT(Internet of Things、アイ・オー・ティー)/O2O(Online to Offline、オー・ツー・オー)プラットフォームの提供を行うTangerine株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:平井清人、以下、Tangerine)が発行する第三者割当増資に応じました。Tangerineが実施した第三者割当増資の割当先は、TIS株式会社(証券コード:3626)、ワイヤレスゲート株式会社(証券コード:9419)、株式会社東急エージェンシー、当社の計4社になります。

 TangerineはIoT/O2Oプラットフォーム提供者として、ビーコン/IoT、インバウンドO2Oサービス、動態分析サービス、広告プラットフォームを一元的にサービス提供しています。Tangerineが提供するサービスは2016年9月末時点で、BLEビーコンの主要な通信方式(iBeaconR、EddystoneR等)に対応をしており、2020年までにBLEビーコン50万個の設置を目指します。既に飲食店・小売店・商業施設を顧客とした訪日外国人向け多言語サービスの提供や、街頭と店舗に設置されたO2Oサービスで多数の実績があります。

 総務省が公開する平成27年度情報通信白書によると、2020年までにIoTデバイスは3.3倍の成長、ネットワーク接続機器数は5.9倍の成長が予測されています(※1)。当社はIoT市場の成長に向けた取組み方針としてプラットフォーム提供者との連携を重要視し、IoTに必要なインターネット接続を継続的に提供・拡大させます。IoTサービスのノウハウと利用実績を持つTangerineが、有力なIoTプラットフォーム提供者であると考えた結果、出資に至りました。

 TangerineはO2Oサービス(※2)の実績を多く有しており、新江ノ島水族館などの商業施設や、渋谷・日本橋などの観光商業エリアへのエリアビーコン導入、飲食店との取り組みに強みがあります(※3)。当社は、多店舗展開を行う法人顧客との契約を保持しており、相互の顧客ネットワークを活用し2016年度中に10件の実証実験の計画を進めます。実証実験の成果を踏まえ2015年より提供しているクラウド型監視カメラソリューション「AiSTRIX」や、店舗向けマネージドルーターサービス「ASAHIネット おまかせルーター」の更なる販売を見込みます。

 本出資は、TIS株式会社、ワイヤレスゲート株式会社、株式会社東急エージェンシー、当社の計4社が参加しておりますが、具体的な各社の出資額は公開しておりません。


・「iBeaconR」は Apple Inc.の商標または登録商標です。
・「EddystoneR」は Google Inc.の商標または登録商標です。
・その他、当ニュースリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の商標または登録商標です。


1.Tangerine株式会社の概要

社名  :Tangerine株式会社
所在地 :東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ W22階
代表者名:代表取締役社長 平井清人
設立  :2014年3月4日
事業内容:BLEビーコンを活用したO2Oソリューション
     IoTマネシ?メント・クラウト?・フ?ラットフォーム
URL   :リンク

2.参考情報

※1 IoTについて
Internet of Things、モノのインターネット化。パソコンやスマートフォン、タブレットといった従来型のICT端末だけでなく、様々な「モノ」がセンサーと無線通信を介してインターネットの一部を構成するという意味で使われている。

※2 O2Oについて
Online to Offlineの略。オンラインとオフラインの購買活動が連携すること。オンラインでの活動が実店舗での購買に影響をあたえることを意味する。店頭で利用出来るオンラインクーポンなどが例として挙げられる。水族館内の位置情報に基づいた案内ガイドなどもO2Oに位置づけされる。

Tangerine Webサイトより引用 O2Oの導入事例
リンク

※3 Tangerine株式会社のサービス事例

新江ノ島水族館 えのすい公式アプリ O2Oソリューション
リンク

PLAY!DIVERSITY SHIBUYA
リンク


以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事