logo

”ヴァーチャル・リアリティ(VR)の本命”がついに販売開始!山田孝之さん「家に帰ってすぐやりたい!」これまでのゲームを超えた新体験“PlayStation(R)VR” 発売記念イベント レポート

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア 2016年10月13日 20時44分
From PR TIMES

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)は、東京・中央区のGINZA PLACEビル3階common ginza(コモンギンザ)のイベントスペースにて、PlayStation(R)VR(以下PS VR)の発売記念イベントを10月13日(木)に開催いたしました。



本イベントでは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア プレジデント 盛田厚からの挨拶に始まり、PS VRに関する今後の展望や楽しみ方を発表。そして、PlayStation(R)アンバサダーとしてCMなどに出演している俳優の山田孝之さんも登壇し、PS VRタイトルのプレイに加え、ゲーム愛溢れるトークを披露していただけました。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



ステージに登壇された山田さんは挨拶を終えた後、開口一番「去年の東京ゲームショウで初めて体験してから、やっと発売かという感じです!」と、PS VR発売を心から楽しみにしていた様子。また司会から、会場と同じビル5階のソニーストア銀座が発売を待っている方たちで満員になっていることを知らされると、「気持ちはわかります。僕も早くやりたいです」とコメント。山田さんは一足早くPS VRを体験しているゲームファンの一人です。早速、PS VRのもたらす体験の魅力について「(ゲームの)中に入れるってことじゃないですかね。客観的に今までゲームをしていたものが、PS VRを着けることでゲームの中に入ってプレイできる。今までのゲームと一番違う点はそこだと思います」と語っていただけました。


【PS VRの2タイトルを山田さんが体験!】
今年9月に放映されたPS4のテレビCM「山田の絶叫、太賀の昇天。"PS4に全部来る"篇」のメイキングインタビューでも、「小学生のときに初めてゲームしたときの感動がよみがえってきたような感じ」と初めてPS VRを体験した時のことを振り返っていた山田さん。山田さんのゲーム体験に新たな衝撃を与えたPS VRですが、発売記念イベントでは『バットマン:アーカム VR』と『イーグルフライト』の2タイトルを楽しんでもらいました。
[画像3: リンク ]


山田さんが初めにプレイした『バットマン:アーカム VR』は、国内外で高い評価を得ている「バットマン:アーカム」シリーズのRocksteady Studios が開発を手掛けており、バットマンとシンクロし、舞台であるゴッサムシティで起こる謎の事件を追う「究極のバットマン体験」を可能にしたゲームです。昨年『バットマン:アーカム・ナイト』発売時のテレビCMでは山田さん自らバットスーツを着た姿を披露していましたが、実は山田さんは無類のアメコミ好き!いざバットマンと一体化できる機会を前に「た、楽しみです……」と、徐々に気持ちが高まっていく姿が垣間見えました。
[画像4: リンク ]


今回プレイしたのは、主人公が自宅にある秘密の入口からバットケイブに入り、装備を身に付けてバットマンに変身していくまでの工程。この後ゴッサムシティを自由に飛び回れると思っていた山田さんは「あ、ここまでなんだ……。もうちょっとプレイできるかと思ってました。もっとやりたかった」とコメントし、まだまだプレイしたかった様子でした。

そして次にプレイした『イーグルフライト』は、オオワシの視点でパリの大空を飛ぶことができるフライトアクションゲームで、人類が姿を消してから50年後のパリを、上空から存分に楽しむことができます。プレイを終えた山田さんは、「いやぁ、ずっとやりたいですね。もっと色々探索したい」とのこと。また、「実際に空を飛べたら何がしたいか」という司会の質問には、「違う国に行ってみたいです!パスポートいらないし、審査もないですし、飛んでみたいです(笑)」と話し、会場に笑いが起きました。
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



【サプライズで山田さんにPS VRをプレゼント!】
ゲーム試遊後にサプライズで弊社盛田からPS VRを贈呈され、これには山田さんも大変驚かれた様子でした。「これはさすがに予想していなかったのですごく嬉しいです。この面白さを一番伝えたいと思うんですけど、難しいんですよね。こればっかりは……やらないとわからない。でも体験したことある僕が、これをもらってすごい嬉しい! 今はそれぐらいしか言葉にならないです」と喜びのコメントをいただきました。最後に山田さんは「とにかくやってください。すごい、面白いです。僕は家に帰ってすぐやります!」と、まだPS VRを体験したことがない方々へメッセージをお送りいただけました。
[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]



※1株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして日本およびアジア各国・地域のセールス&マーケティングを担当。

※「PlayStation」、「プレイステーション」および「PS4」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。