logo

ポルシェの第3四半期における販売台数は3%増加

ポルシェジャパン株式会社 2016年10月13日 20時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016/10/13

ポルシェAG

ポルシェの第3四半期における販売台数は3%増加
2桁の伸びを示す中国市場が米国市場に対するリードを維持

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr. オリバー・ブルーメ)は、今年に入って9ヵ月が経過した第3四半期終了時点においても安定した成長を維持しています。全世界における新車販売台数は、前年比3%増となる178,314台を記録しました。この成長を牽引してきた主力モデルの中には718ボクスターとマカンがあります。また中国は、前年同期比11%増という素晴らしい結果を達成しており、依然としてポルシェにとっての強力な市場となっています。

「私達を取り巻く環境はやや不安定ですが、私達はそうした中、ヨーロッパ、アジア、アメリカにおいて、9ヵ月間の販売実績を再び増大させ、2015年に達成した記録的な数値を超えることに成功しました」。セールスおよびマーケティング担当取締役を務めるデトレフ・フォン・プラテンはこのようにコメントしたうえで、「ニュー718ボクスターに対しては、顧客から素晴らしい反応が得られています。今年の始めから、私達はこのロードスターの販売目標を10,000台以上としてきました。718ケイマンと911モデルについても、718ボクスターと同じく高い評価を受けています」と続けています。

全世界での販売実績を見ると、ボクスターが10,661台(20%増)、マカンが71,086台(13%増)という結果で、どちらのモデルも2桁の伸びを明確に示しています。さらに、前年同時期との比較では、伝統的スポーツモデルの911が販売台数を25,993台(5%増)にまで伸ばしたほか、ケイマンも8,471台(4%増)を販売しました。パナメーラに関しては販売台数がわずかに減少しましたが、これはモデルチェンジを控えていたためです。フォン・プラテンは、「9月の末にパリ・モーターショーで披露したニューパナメーラについては、この上なく前向きな手ごたえを得ているため、私達は極めて楽観的な見通しを立てています。新世代モデルもポルシェの売上を大きく伸ばすことに貢献してくれることでしょう」と述べています。ニューパナメーラは6月28日に受注が開始されており、11月にはヨーロッパの正規販売店に到着する予定です。なお、米国および中国での販売開始は来年になります。

販売台数が49,229台に達した中国は、この9ヵ月間、最も強力な市場として米国(40,246台)を圧倒しています。一方、ヨーロッパでは、昨年の好成績をさらに1%上回る58,678台を販売したものの、ドイツの販売台数は0.5%だけ下回り、22,198台という結果になっています。

ポルシェAG
新車販売台数        9月時点
         2016    2015   増減(%)
全世界     178,314   173,085  +3%
ヨーロッパ   58,678    58,150  +1%
 ドイツ    22,198    22,317  -0.5%
アメリカ    48,581    47,230  +3%
 米国     40,246    39,300  +2%
アジア太平洋、
アフリカおよび
中東      71,055    67,705  +5%
 中国     49,229    44,240  +11%




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。