logo

アクロディアの「インターホンIoTシステム」、シンガポールの新築戸建て住宅3世帯に導入

株式会社アクロディア(本社:東京都渋谷区、代表者:代表取締役社長 堤 純也、以下「アクロディア」)は、2016年9月13日に発表しましたとおり、シンガポールの不動産開発・投資会社であるJVA VENTURE PTE LTD(以下「JVA社」)がシンガポール及びマレーシアで開発・販売する物件において「インターホンIoTシステム」のライセンス提供を開始しておりますが、この度、シンガポールの新築戸建て住宅3世帯に「インターホンIoTシステム」が導入されましたことをお知らせいたします。



■導入物件の概要
物件名:4 Parkstone Road(3世帯)
※詳細はこちら> リンク
[画像1: リンク ]

■導入システムの概要
導入インターホン:SIPインターホン(IPインターコム Helios IP Verso)
対応スマートフォン:Android OS4.4以降/iOS 8.0以降

【アプリ使用イメージ】
スマートフォンで来客応答、ロビーのドアを解除、来客履歴の確認ができます。
※専用アプリ(言語:英語)をGoogle PlayやApp Storeからダウンロードしご利用いただけます。
[画像2: リンク ]

アプリ名:Premiere Interphone

[画像3: リンク ]

スマートフォンで来客応答

今後もスマートフォン等のモバイルデバイスをさまざまな生活機器とつなげ、より利便性の高いサービスを創出し、ユーザーに豊かなライフスタイルを提供することを目指してまいります。

(ご参考)
■インターホン向けIoTシステムの概要
「インターホン向けIoTシステム」は、従来のインターホンでは実現できなかった新たな利便性の高いユーザー体験を提供します。
マンションの居住者は、住戸内はもちろん外出中であっても、場所を問わずどこでもスマートフォンでインターホンへの応答やオートロックの解錠等ができる機能がご利用いただけるようになります。

◇スマホがつながるところならどこでも応答可能!
本システムでは、インターホンがインターネットに接続されることで、屋内だけでなく、屋外(外出先)でもスマートフォン等のインターネットに接続できる機器において、インターホンの基本機能である訪問者を映像で確認、音声で応答、オートロックの解錠を可能とします。
また、インターネット上のインターホンIoTサーバーと連携することにより、コンシェルジュ機能など、スマートフォンを活かした様々な利便性を図る機能を容易に実現します。

◇導入がしやすく、低コストでの運用が可能!
インターホン向けIoTサーバーはクラウド化されており、低コストでの運用が可能です。各住戸への工事は不要なため、新築、既築を問わず手軽に導入することが可能です。
※導入可能な物件については、事前調査が必要です。
[画像4: リンク ]

屋内でも屋外でも、スマートフォンを利用して、来訪者の対応が可能に!

※IoT(Internet of Things):従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の、各種家電製品、生活環境などの情報を取得する各種のセンサー等、さまざまな"モノ"を接続する技術。

【JVA VENTURE PTE LTDについて】
所在地:12 Tannery Road #08-05, HB Centre 1 Singapore 347722
設立:2007年6月
代表者:共同代表 Asron Xu Guangming
事業内容:不動産開発・投資
ウェブサイト:リンク

【株式会社アクロディア】
所在地:東京都渋谷区恵比寿1-20-22 恵比寿三富ビル5F
設立:2004年7月
上場:2006年10月 東証マザーズ(3823)
代表者:代表取締役社長 堤 純也
事業内容:スマートフォン向けのサービス・ソリューションの提供
ウェブサイト:リンク

※記載されている社名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。