logo

お客様に、もっと新しく、もっと楽しい「店舗体験」を!「マクドナルドFREE Wi-Fi」を使いお食事時間に楽しめる、デジタルサービス配信開始

日本マクドナルド株式会社 2016年10月13日 15時49分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、2016年6月より導入を開始し現在は約1,700店舗で導入が完了しているFREE Wi-Fiアクセスサービス「マクドナルド FREE Wi-Fi」を使い、パートナー企業のアプリを通じて楽しい時間をお届けするサービスを開始します。Wi-Fiを使って、マクドナルドにご来店くださるお客様の店舗体験をより向上させるための新しい取り組みの皮切りとして、10月17日(月)より、「キャンディークラッシュ」など大人気のモバイルコンテンツを提供しているKing Japan株式会社(代表取締役:枝廣 憲、以下:King)、およびインターネット動画配信サービスの世界最大手Netflix株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:グレッグ・ピーターズ、以下 Netflix)のサービスの配信を開始します。

10月17日(月)から、Kingのバブルシューティングゲーム「バブルウィッチ」、およびNetflixオリジナル映画「カンフー・パンダ3」やドラマなどの人気コンテンツ4タイトルが、「マクドナルド FREE Wi-Fi」上の両社のアプリを通じてお楽しみいただけます。
Kingのゲーム「バブルウィッチ」は「マクドナルド FREE Wi-Fi」からアクセスすると最初にアプリページへの案内が表示されるなど利便性が高まります。さらに、今回King初のコラボレーションを記念して製作された、スペシャルコラボイベント「マックスイーツロード」が通常マップ上に登場いたします。配信期間中には「バブルウィッチ」にアクセスした方全員にマックフライポテト(Mサイズ)の割引クーポンが提供され、ほかにもゲームを 進めていくと、全4種類の人気スイーツの割引クーポンを入手いただけます。
Netflixは「マクドナルド FREE Wi-Fi」からNetflixアプリにアクセスすると、クレジットカードなどのデータ入力が必要なく、すぐに厳選されたNetflix作品をご覧いただけます。

なお、「バブルウィッチ」は「マクドナルドFREE Wi-Fi」導入の約1,700店で2週間にわたって配信され、「カンフー・パンダ3」などの作品の配信は約30店舗での試験導入となります。Netflixの無料体験は今後検証を重ねながら、サービス拡大を検討してまいります。

日本マクドナルドでは、今後も「マクドナルドFREE Wi-Fi」を使ったサービスを拡充することによって、マクドナルドを ご利用いただいているお客様に、美味しいお食事と共に、映画・ドラマをご覧いただいたり、ゲームで遊んでいただいたりと、新しくて楽しい店舗体験をお届けいたします。

マクドナルドはこれからも、“Fun place to go”(マクドナルドに行けば何か楽しいことがある)を理念として、お客様のニーズや時代に合ったマクドナルドならではの商品・サービスのご提供やキャンペーンの実施に努めてまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。