logo

『ダイキンエコキュート』新発売

ダイキン工業株式会社 2016年10月13日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月13日

ダイキン工業株式会社

入浴の快適性向上と安心の耐震設計を実現
『ダイキンエコキュート』8シリーズ16機種を新発売

ダイキン工業株式会社は、家族一人ひとりの好みに応じた快適な入浴をサポートする「温浴タイム」の搭載に加え、マイクロバブルの入浴も楽しめる『ダイキンエコキュート』を2017年1月6日より順次発売します。
入浴時の浴槽の温度には人それぞれ好みがあり、湯温の好みは時々の気分や感覚で変化します。しかし、湯張りや追い炊きの設定温度を自分の好みの変化に合わせて日々設定し直す家庭は多くありませんでした。本製品は、簡単に好みの湯温を設定でき継続的に湯温を維持する「温浴タイム」機能により、人それぞれの好みに応じた“快適バスライフ”をサポートします。
さらに、貯湯ユニットの耐震強度を大幅に向上させました。貯湯ユニットが転倒し、ユニット内の水を非常用水として使えなかった過去の災害を教訓に、これまで以上の安心設計を実現しています。

【商品の特長】
1.自分好みの湯温を簡単に設定可能で継続的に湯温を維持する「温浴タイム」
・浴槽の設定温度に対して“ぬるめ”“あつめ”など、自分好みの選択が可能。
・浴槽を“ぬるめ”に設定しても、足し水の必要がなく自動で湯温を調整。
・継続的に湯温を保ちながら、心地よい回流を生み出す「温浴タイム保温」で快適性を維持。

2.入浴の快適性を高める「マイクロバブルアダプター」も取り付け可能
・マイクロバブルアダプターの取り付けで、約0.005~0.05mmのマイクロバブルを楽しむ入浴が可能。

3.耐震クラスSクリア基準の最大約140%で倒れにくい貯湯ユニット
・貯湯ユニット本体を耐震クラスSクリア基準の約110%に耐震強化。
・「転倒防止金具」と「補強プレート付脚部化粧カバー」の設置で、耐震クラスSクリア基準の約140%に耐震性能が向上。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。