logo

BASE、SBIグループなどを引受先とした総額15億円の第三者割当増資を実施

BASE株式会社 2016年10月13日 10時00分
From ValuePress!

Eコマースプラットフォーム「BASE」、オンライン決済サービス「PAY.JP」、ID型決済サービス「PAY ID」を運営するBASE株式会社は、この度、SBIホールディングス株式会社の子会社のSBIインベストメント株式会社が運用・管理を行うFinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合等のファンド、SMBCベンチャーキャピタル株式会社が運用・管理を行うSMBCベンチャーキャピタル3号投資事業有限責任組合、既存株主の株式会社サンエイトインベストメントを引受先とした第三者割当増資を実施し、総額15億円の資金調達を完了致しましたのでお知らせ致します。

BASE株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表:鶴岡裕太、以下BASE)は、SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)の子会社のSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉」)が運用・管理を行うFinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合等のファンド、SMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表:石橋 達史)が運用・管理を行うSMBCベンチャーキャピタル3号投資事業有限責任組合、既存株主の株式会社サンエイトインベストメント(本社:東京都港区、代表:勝方正英)を引受先とした第三者割当増資を実施し、総額15億円の資金調達を完了致しましたのでお知らせ致します。


■第三者割当増資の目的
BASEは、2016年1月に株式会社メルカリとの資本業務提携を発表して以来、組織基盤の強化を目的に人員拡充を行って参りましたが、この度の資金調達を機に、さらなる積極採用を行い、Eコマースプラットフォーム「BASE」、オンライン決済サービス「PAY.JP」、ID型決済サービス「PAY ID」の事業拡大のため、プロダクト開発及びマーケティング強化を図ります。
BASEは今後も、Eコマースプラットフォーム「BASE」、オンライン決済サービス「PAY.JP」、ID型決済サービス「PAY ID」の提供を通じて当社のミッションである「決済の簡易化」に取り組み、価値の交換をシンプルにすることで、世界中の人々が最適な経済活動を行える社会を実現致します。


■第三者割当増資の引受先について(※順不同)
<既存株主>
・株式会社サンエイト インベストメント

<新規株主>
・FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合等SBIインベストメント株式会社が運用・管理を行うファンド
・SMBCベンチャーキャピタル3号投資事業有限責任組合 (SMBCベンチャーキャピタル株式会社)


○Eコマースプラットフォーム「BASE」概要 リンク
「BASE」は30万店舗もの、ものづくりを行う個人、ビジネスを展開する法人、地方自治体をはじめとする行政にご利用頂いているネットショップ開設サービスと、そこで開設された店舗の商品が購入できるショッピングモールアプリを提供するEコマースプラットフォームです。ショッピングモールアプリはApp StoreとGoogle Playで提供しています。ファッションアイテムからタレントの公式グッズ、食品、植物、家具から電化製品まで30万店を超える多種多様な店舗の商品が並び、「PAY ID」(リンク)に登録しておくと最短5秒でスムーズにショッピングをお楽しみいただけます。出店をご希望の方は、ネットショップ開設サービス「BASE」からご登録頂けます。これまで運営費用、Web技術、時間など、様々な理由でECサイトを始めることが困難だった方も「BASE」なら導入が簡単な決済機能、おしゃれなデザインテンプレート、トランザクション解析ツールなどECサイト運営に必要なインフラサービスを備えているので気軽に始めることができます。

・ショッピングモールアプリ「BASE」
iOS版    リンク
Android版  リンク

○オンライン決済サービス「PAY.JP」概要 リンク
「PAY.JP」は、既存のWebサービスやEコマースにクレジットカード決済機能を無料で簡単に導入できる開発者向けの決済サービスで、個人・法人を問わずご利用いただけます。「申請に時間がかかる」「高い」「使いにくい」という複雑なオンライン決済サービスの問題を解決し、導入を圧倒的に簡単にすることで、インターネット上の「モノの売り買い」の可能性を拡げ、人々のインターネットを通じた経済活動がこれまで以上に活発になるようサポートいたします。「PAY.JP」は国際基準であるPCIDSSに準拠したセキュリティで運用しているので、安心してご利用いただけます。

○ID型決済サービス「PAY ID」概要 リンク
「PAY ID」決済は、会員IDを使ってオンライン決済ができるサービスです。「PAY ID」にあらかじめクレジットカード情報を登録するだけで、以降は、都度クレジットカード番号やお届け先等の情報を入力する必要なく会員IDを使ってスムーズに決済を行うことができます。「PAY ID」には複数のクレジットカードを登録できるので、目的に応じて使い分けることも可能です。現在30万店舗を超える加盟店で「PAY ID」決済をご利用頂けます。
「BASE」のiOSおよびAndroidアプリでも、各店舗のWebショップでも、決済方法で「PAY ID」をお選びいただくと、ワンタップでショッピングをお楽しみいただけます。また、「PAY ID」決済のスムーズな購入環境により、店舗にとっても転換率アップや、現在離脱している新規顧客の獲得、リピーター獲得の効果が期待できます。

■BASE株式会社の会社概要
会社名:  BASE株式会社 (英語表記 BASE, Inc.)
代表者名: 鶴岡 裕太
所在地:  東京都渋谷区道玄坂2-11-1 Gスクエア4F
設立:   2012年12月11日
資本金:  23億7396万円(資本準備金を含む)
事業内容: Eコマースプラットフォーム「BASE」の企画・開発・運営 リンク
      オンライン決済サービス「PAY.JP」の企画・開発・運営 リンク
      ID型決済サービス「PAY ID」の企画・開発・運営 リンク
URL:   リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。