logo

VRゲーム『Fly to KUMA』がPlayStation(R)VRに対応!

コロプラ 2016年10月13日 11時30分
From PR TIMES

クマたちを導く新感覚VRパズルゲーム、PlayStation(R)Storeで配信開始

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、VRパズルゲーム『Fly to KUMA』をPlayStation(R)VRに対応させ、本日10月13日(木)よりPlayStation(R)Storeにて配信開始いたしました。価格は1,490円(税込)です。



[画像1: リンク ]

 『Fly to KUMA』は、たくさんのクマたちをゴールまで導くパズルゲームです。本作は2016年3月よりOculus Rift(※1)向けゲームとして配信しております。このたびのPlayStation(R)VR(※2)の発売を機に、より多くのユーザーさまにお楽しみいただきたいという想いからPlayStation(R)VR向けにも配信することを決定いたしました。
 ゲームに登場するクマたちは、一定の法則に従いつつ前進します。そのため、プレイヤーはクマたちが進むルート上にうまくブロックを配置することで段差を登らせたり、障害物から守ったりしながらゴールまでのルートを確保してあげなくてはなりません。うまくブロックやギミックを使ってクマたちをゴールのシャトルまで導きましょう。ブロックや障害物は隠れていることもあるので、よく辺りを見渡してステージをくまなくチェックする必要があります。また、クマたちに視線を送ると見つめ返してくれるといった、バーチャルリアリティ(VR)ならではの演出も本作の見どころの1つとなっています。全100種類以上あるステージは、進むにつれて難易度も増していきます。

 VRは、われわれ人類がこれまで体験したことのない新しい感動を提供するプラットフォームになると、コロプラは信じています。コロプラはグループ一丸となってVR業界を盛り上げ、世界中の人びとの日常がより楽しく、より素晴らしくなる未来を作っていきたいと考えています。

(※1)Oculus VR社が開発したヘッドマウントディスプレイで、PCにつないで高画質なVR体験ができます。
(※2)Sony Interactive Entertainment社が開発したヘッドマウントディスプレイで、Playstation(R)4につなげることでVR体験ができます。

<『Fly to KUMA』基本情報>

[画像2: リンク ]

ルート上にブロックをうまく配置して、クマたちをゴールまで導くパズルゲームです。クマたちに視線を送ると見つめ返してくれるといった、VRならではの演出もあります。
◆タイトル名:『Fly to KUMA』
◆価格   :1,490円(税込)
◆対応機種 :PlayStation(R)VR、Oculus Rift
◆PlayStation(R)Store内紹介ページ:リンク
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


【株式会社コロプラ 会社概要】
社名  :株式会社コロプラ リンク
所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11F
設立  :2008年10月1日
資本金 :63億8,424万円(2016年6月末日時点)
代表者 :代表取締役社長 馬場功淳
事業内容:スマートフォンアプリを中心とした国内・海外向けモバイルゲームサービスの提供
VR(仮想現実)デバイス向けサービスの提供
位置情報分析コンサルティング、スマートフォン特化型リサーチ等、その他サービスの提供

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社コロプラ コーポレート統括本部
マーケティング・コミュニケーション部
パブリシティグループ 金牧・城所・高橋 リンク

(C) 2016 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved. 
(C) 2016 COLOPL, Inc.
※コロプラおよびコロプラロゴは、株式会社コロプラの登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事