logo

窓を自動でお掃除する 高速清掃モデル窓用ロボット掃除機 WINBOT 950 を11月中旬に発売

エコバックスジャパン株式会社 2016年10月13日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月13日

エコバックスジャパン株式会社

家庭用ロボット掃除機のパイオニア ECOVACSが、窓を自動でお掃除する 高速清掃モデル窓用ロボット掃除機 WINBOT 950 を11月11日に発売します。

【WINBOT 950は、2016年度グッドデザイン賞を受賞しました】
■エコバックスは家庭用ロボット開発を10 年以上行ってきたリーディングブランドです。
窓の片面に張り付いて、窓1枚を丸ごとお掃除する窓用ロボット掃除機『WINBOT』と、床のゴミを吸い上げてお掃除する床用ロボット掃除機『DEEBOT』の開発・製造・販売を行っております。
窓用ロボット掃除機『WINBOT』では、窓に添えるだけで張り付き静音設計されたWINBOT 850、大型モップを搭載した2駆動清掃で高速清掃を行うWINBOT 950を発売。
床用ロボット掃除機『DEEBOT』では、掃き掃除を行いながら水拭きと乾拭きを同時に行うDEEBOT M85、集めたごみをハンディ掃除機へ自動回収するDEEBOT 79、狭い隙間に入ってお掃除する超薄型サイズDEEBOT SLIMの発売など、今までない技術やアイディアで沢山の方々にご愛用いただいております。
エコバックスは日々研究を行っており、テクノロジーの面ではスマート・ドライブ システムやスマート・クリーニング・モップ システム等の特許技術を取得し、デザインの面ではECOVACSの製品が2016年グッドデザイン賞を受賞、世界のデザインアワードで有名なレッドドットアワードプロダクトデザイン賞を2年連続受賞しました。
また、2015年度イノベーションCESでは、水を使わない太陽光パネルクリーニング用品として、太陽光パネル掃除ロボット RAYBOT が、Tech For A Better World カテゴリ内でイノベーションアワードを受賞しました。
今後もエコバックスは、技術・デザイン等世界をリードしていくメーカーとして革新を続けます。
会社概要 リンク

■WINBOT 基本情報
窓用ロボット掃除機 WINBOT は、窓の片面に張り付き窓一枚を丸ごとお掃除する窓専用のロボット掃除機です。人がお掃除すると大変な背の高い窓や外側の窓でも、WINBOTは窓に張り付けてスタートを押すだけで簡単に窓1枚を丸ごとお掃除します。自分で行う窓掃除に必要なバケツや脚立の準備も必要ないので、より快適にお掃除ができます。
WINBOT専用の洗剤クリーニングリキッドはロボット掃除機の性能に合わせて揮発性が高いので、水跡が残らず洗剤が窓枠まで垂れることがありません。本体に取り付けられた清掃部のクリーニングパッドは取り外せるので、手洗いすることで繰り返し使用できます。
垂直の窓に張り付いてお掃除するからこそ安全機能も充実しています。万が一コンセントからケーブルが抜けてしまったり、停電が起きてしまった場合でも、内蔵されたバッテリーで15分間は窓に張り付いて落ちない設計になっております。さらに、命綱の役割をする安全ポッドとロープが付属しているので、2階の外窓などの高所で落下してしまったばあいでも、安全ポッドとロープを取り付けておけば下まで落ちることはありません。

■WINBOT 950製品紹介
W950は、ハイスピードモデルW930の清掃速度をそのままに、凹凸のある窓ガラスでも清掃を行うファン方式を採用した窓用ロボット掃除機です。
スマートドライブシステムは、クリーニングパッドが取り付けられた清掃部と、移動するためのタイヤが搭載された駆動部が分かれて回転することで、清掃部をそのままに4方向すべてに移動することができます。4方向すべてに移動することができるので、四角い窓ガラスを最短の動きでお掃除することが可能になりました。
ファン方式を採用したことで、凹凸のある曇りガラスや薄いステッカーの張られた窓でも使用することができるようになりました。
さらに、通常の掃除機よりも静かな音でお掃除を行うので、お掃除の時間も選びません。
四方に取り付けられたクリーニングパッドとワイパーで合計4回の拭き掃除を行うので、拭き後も残らず、WINBOT1台で窓掃除を最後まできっちり行います。

■WINBOT 950製品仕様
型番:W950
カラー:クラシックホワイト(SW)
インターフェース:スタートボタン
消費電力:75w
動作音:約62dB
使用可能なガラスの厚さ:3mm以上
フレーム無しガラス:対応
リモコン:付
安全ポッド:付
重量:2.4kg
寸法:273×273×123mm
JANコード:4589914860642



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事