logo

自分のペースでトリック練習ができる。スケートボード用簡易設置型「スタントランプシリーズ」を発売。

ビーズ株式会社 2016年10月13日 08時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016/10/13

ビーズ株式会社

思い立った時に、好きな場所で、自分のペースでトリック練習ができる。
スケートボード用簡易設置型「スタントランプシリーズ」を発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は10月13日、同社ストリートスポーツブランドDUB STACK(R)(ダブスタック)より、BMXやスケートボードのジャンプやトリック練習に用いる簡易設置型スタントランプシリーズとして「スタントランプ DSR-5」「トップテーブル DSR-6」「スライドパイプ DSR-7」を発売します。 既存製品「ポータブルランプセット DSR188-BK」との組み合わせが可能な新製品の投入により、DUB STACK(R)は 思い立った時に好きな場所で、自分のペースで練習したいストリートスポーツの愛好家を応援します。

 近年、ストリートスポーツの国際大会において、10代の日本人選手の活躍が続々と伝えられています。 BMXやスケートボードの選手が空中で華麗に技を決める様子をメディアで目にする機会も増え、ストリートスポーツに対する関心が高まっています。 しかしながら、こうした競技を練習したくとも設備が整っているスケートパークが自宅から遠いケースがあります。 さらに上級者も入り交じる場での練習は、まだ自分の技量に自信が持てない方やこれから挑戦する初心者にとっては心理的なハードルが高く、なかなか利用しにくいのではないでしょうか。

 「スタントランプシリーズ」は人目を気にせず、自分のペースでジャンプやトリックを練習するための製品です。 シングルランプ単体での使用はもちろん、トップテーブル(別売り)やスライドパイプ(別売り)との連結が可能。 はめ込み式なので工具不要で、誰でも簡単にしっかりと組み立てられます。 高低差のある障害物を飛び越えるジャンプやパイプ上を滑り降りるレールトリック、ポータブルランプセット (別売り)との併用で変化を付けたコースでの連続トリックなど、その人のレベルに応じた多彩な練習ができます。
 ランプには耐久性と軽量性を兼ね備えたポリプロピレン樹脂を選定。 さらにランプ同士を重ねられるスタッカブル構造を採用し、運搬・保管時の負担軽減を図りました。 ランプ底面に施された滑り止めのラバーやペグ(別売り)固定機能により、ライディングによる激しい衝撃を受けてもずれにくい仕様です。 スライドパイプを支えるスチール板には取付可能なシリコン製の保護材を付属し、荷重や振動により横滑りを起こさないよう、安全面でも細心の注意を払いました。
 また、スノーボードやインラインスケート、キッズバイク、ラジコンカーのジャンプ台として多用途で使えるのも「スタントランプシリーズ」の魅力です。

【商品名】スタントランプ DSR-5、トップテーブル DSR-6、スライドパイプ DSR-7
【サイズ】(約)105 x 71 x 30 cm、35 x 71 x 3 cm、φ3.18 x 180 cm
【素材】ポリプロピレン、ポリプロピレン、スチール
【重量】4.6 kg、1.6 kg、3.6 kg
【希望小売価格(税別)】12,000 円、2,000 円、6,000 円
【発売開始時期】2016 年 10月
【製品ページ(3製品共通)】リンク

【商品名】ポータブルランプセット DSR188-BK
【サイズ】展開時:(約)126 x 30.5 x 17 cm、ランプ本体:63 x 30.5 x 17cm
【素材】ポリプロピレン
【重量】2.7 Kg
【希望小売価格(税別)】7,000 円
【発売開始時期】2014 年 8 月
【製品ページ】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事