logo

GA-ASI、2016年国際航空宇宙展にて環太平洋地域でのプレゼンスを示す

ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ 2016年10月12日 16時01分
From PR TIMES

マルチロール、マルチミッション、および相互運用能力を披露

2016年国際航空宇宙展、東京発 - 2016年10月12日- 無人航空機(RPA)システム、レーダー、および電子光学と関連ミッション・システム・ソリューション製造のリーダーであるシ゛ェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムス゛社(以下「GA-ASI」)は本日、10月12日から15日まで東京で開催される2016年国際航空宇宙展において、Advanced Cockpit Block 50グラウンド・コントロール・ステーション(GCS)シミュレーターを含めて大きなプレゼンスを示しました。なお、GA-ASIのブースは西展示館西3ホールの米国パビリオン内W3-022に位置しています。



[画像1: リンク ]


GA-ASIのAircraft Systems部門担当プレジデント、デイビッド・R・アレクサンダー(David R. Alexander)は「昨年の東京オフィス開設に続き、この日本での国際航空宇宙展はGA-ASIの持つ能力を日本だけでなく、太平洋地域全体の各国に改めて示す最適な機会です。GA-ASIのマルチロール、マルチミッション対応、プラットフォーム間での相互運用性を備えたガーディアンER(Extended Range)航空機は極めて大きな海上監視能力を提供するものであり、弊社の定評ある技術を来場者の皆様に紹介できることを大いに楽しみにしています」と述べています。

Advanced Cockpit GCSは、1994年以来延べ400万時間の飛行時間を重ねたGA-ASIの伝統となっているGCSのアップデート版であり、航空機操縦士による状況認識能力の向上を目的として設計されています。アップデートにより加わった機能強化の主なものは人間中心のディスプレイ技術であり、それにはビデオと3Dグラフィックスおよび移動追随マップの合成、複数のワイドスクリーン・ディスプレイを使った120度の水平方向視野、および高解像度ビデオが含まれています。


[画像2: リンク ]

ガーディアンERは海上での使用を想定した情報・監視・偵察(ISR)航空機であり、NATOのUAV SYSTEM AIRWORTHINESS REQUIREMENTS(STANAG 4671に規定)に完全に準拠すると共に、幅広いミッション・セットに備えて積載量も大きく拡大されています。ガーディアンERには海面捜索レーダー・センターライン・ポッドが搭載され、対弾道ミサイル防衛と海上での広範囲監視を含む日本政府の関心事項に加え、海上保安庁による災害救助や環境モニタリングに最適です。なお、この航空機はイージス艦をはじめとする他のプラットフォームとの相互運用も可能です。

報道関係者からのお問合わせは、下記窓口までお願いします。Advanced Cockpitの高解像度写真やガーディアンERのパースなどの素材も同窓口からご提供いたします。


【GA-ASIについて】
ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムス゛社(General Atomics Aeronautical Systems, Inc.)はGeneral Atomicsの関連会社であり、世界中の軍事および民間向けの無人航空機(RPA)システム、レーダー、および電子光学と関連ミッション・システム・ソリューションを通じて状況認識能力を提供しています。GA-ASIのAircraft Systems部門は、Predator(R) A、Predat、またはB/MQ-9 Reaper(R)、Gray Eagle、新しいPredator C Avenger(R)、およびPredator XPを含む、定評ある信頼性に優れたRPAシステムの設計と製造をリードしています。また次世代Advanced Cockpit GCSを含む、さまざまな超高度なデジタルGCSも製造し、パイロットのトレーニングとRPA運用のためのサポートサービスも提供しています。Mission Systems部門はLynx(R) Multi-mode Radarと高度なClaw(R)センサー制御および画像分析ソフトウェアの設計、製造、および有人と無人の両方の航空機へのそれらの組み込みを行っています。この部門はまた情報・監視・偵察(ISR)航空機への一体型センサー・ペイロード提供にも注力し、高エネルギー・レーザー、電子光学センサー、およびメタマテリアル・アンテナの開発も行っています。詳細についてはwww.ga-asi.comをご覧ください。

※Predator、Reaper、Avenger、Lynx、およびClawはジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムス゛社の登録商標です。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事