logo

AR(拡張現実)とマーケティング支援ツールが連携!AR利用後のサイト内行動を分析

~10月12日(水)提供開始~

デジタルマーケティングを手掛けるスターティアラボ株式会社(代表取締役社長:北村健一、本社:東京都新宿区)は、企業向けに提供するインバウンドマーケティング支援サービス「Cloud Circus(以下、クラウド サーカス)」において、AR(拡張現実)を利用したユーザーのその後のサイト内行動を分析できる機能を10月12日(水)より開始すること発表いたします。



「Cloud Circus(以下、クラウド サーカス)」は、AR(拡張現実)作成ソフト「COCOAR(ココアル)」や電子ブック作成ソフト「ActiBook(アクティブック)」などスターティアラボが提供する複数の企業向けソフトウェアを定額で利用できるサービスです。

今回の機能追加では、クラウドサーカスで利用できるサービスであるAR(拡張現実)作成ソフトとサイトに訪れた見込み顧客を可視化し、有望な見込み顧客への販売促進を支援するマーケティング支援ツール「BowNow(バウナウ)」が連携いたしました。本連携によりCOCOARで作成されたARマーカーを閲覧したユーザーが、AR経由でサイトに訪問し、お問い合わせや注文をした際に、どのARマーカーからお問い合わせや注文に結びついたかが明確になります。活用例として、商品チラシなどの紙媒体やお菓子などの商品パッケージにARマーカーを設置することで、AR活用による商品プロモーションだけでなく、ARから自社のキャンペーンサイトへ誘導し、その後、商品に興味がある消費者に向けて販促用のメール配信が行える様になるなど、効率的な販売促進アプローチが可能になります。スターティアラボでは本機能の追加をもとに、今後、お菓子メーカーや飲食店、不動産業などを中心に販売を行っていく予定です。

[画像1: リンク ]


■クラウドサーカス提供価格
月額費用50,000円(税別) (サーバー利用料、サポート、バージョンアップ費用含む)
初期費用500,000円(税別)
※別途ウェブサイト製作費用がかかります。
※今回の機能追加による料金の変更はありません。
URL:リンク

■AR制作ソフト「COCOAR(ココアル)」とは
企業向けの AR(拡張現実)制作ソフトです。本サービスを導入した企業は、AR制作を自社サービスとして顧客に提供することができます。紙媒体に任意の画像をマーカーとして設定し、スマートフォンアプリである「COCOAR2」経由でマーカーをかざすと、画像、動画や3Dコンテンツを表示・閲覧することができます。
大手飲料・お菓子メーカーにも販売促進ツールとして採用され、印刷会社やWEB制作会社を中心に、1,124社以上(2016年3月末時点)に導入されております。ARアプリ「COCOAR」「COCOAR2」は計93万以上のダウンロード数を誇ります。(2016年6月末時点)
URL:リンク
[画像2: リンク ]

■「BowNow(バウナウ)」とは
現在、ウェブサイトを閲覧している企業名や個人を可視化し、特定の見込み顧客に対して電子メールを送信する など、見込み顧客の可視化と販売促進活動が行えるクラウドサービスです。
URL:リンク

■クラウドサーカスで利用できるソフトウェア
・AR(拡張現実)作成ソフト「COCOAR(ココアル)」
・電子ブック作成ソフト「ActiBook(アクティブック)」
・社内文書管理ツール「ActiBook Docs(アクティブック ドックス)」
・WEBサイト管理ツール「CMS BlueMonkey(シーエムエス・ブルーモンキー)」
・簡単商品データベース「Plusdb(プラスディービー)」
・記事作成ツール「Knowus(ノウアス)」
・マーケティングオートメーションツール「BowNow(バウナウ)」

■会社概要
会社名:スターティアラボ株式会社
URL:リンク
所在地:〒163-0919東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
代表取締役社長 :北村 健一
主な事業内容:Webサイトの企画・制作・コンサルティング・運営・保守
       Webアプリケーションの企画・開発・販売・保守

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。