logo

CriteoがHookLogicを買収へ

HookLogicの買収によりCriteoの事業がブランド企業へ拡大

パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業、Criteo(クリテオ、NASDAQ: CRTO)は、2016年10月4日(火)、HookLogic(フックロジック)を買収することで最終的に合意したことを発表しました。HookLogicが提供するブランド企業向けアドエクスチェンジ(広告取引システム)により、Criteoのパフォーマンスマーケティング・プラットフォームが強化されることになります。

Criteoのエリック・アイヒマンCEO(最高経営責任者)は、「Criteo はHookLogicの買収によってそのポートフォリオを補完し、ブランド企業にも小売事業者にもより多くの価値を提供することに焦点を当てようとしています。Criteoの高度なテクノロジーによってHookLogicのプラットフォーム開発を支援し、HookLogicのソリューションを全世界のマーケティング担当者に提供することを非常に喜ばしく思います。HookLogicのジョナサン・オプダイクCEOとそのチームはパフォーマンス広告の分野で最も優れているグループのひとつであり、彼らをCriteoファミリーに迎え入れることをとても楽しみにしています」と述べました。

HookLogicのパフォーマンスマーケティング・エクスチェンジは、世界最大規模の小売eコマースサイトと、スポンサー付き商品広告を通してオンライン上の陳列スペースを確保したい消費者ブランド企業を結びつけます。Eコマースサイトを運営している小売事業者は、クリック単価(CPC)ベースのネイティブ広告を通じて自社サイトのトラフィックを収益化できます。HookLogicの広告は、従来の広告戦略と異なり、メーカーのマーケティング費用を売上に直結させます。

HookLogicのジョナサン・オプダイクCEOは「私たちはCriteoチームに加わることをとても喜んでいます。グローバルに展開されるCriteoの顧客基盤およびテクノロジーとチームは、HookLogicの事業を急速に加速させ、パフォーマンスマーケティング・ソリューションをお客様のために拡大する大きなチャンスを提供してくれます」と述べています。

Criteoは、自社のテクノロジーとHookLogicの製品を統合し、ブランド企業のキャンペーン・パフォーマンスを向上させ、小売事業者によるHookLogic Exchangeを通じたサイト・トラフィックのさらなる収益化を可能にします。

HookLogicは2004年に設立、米国ニューヨークに本社を置いています。HookLogicのソリューションはこの合意締結時と変わらず維持されます。Criteoの米国証券取引委員会への届け出書類に記載されているように、本取引は引き続き慣習的な条件に従い、Criteoの会計年度の第4四半期にクロージングする見通しです。

Criteoのエリック・アイヒマンCEOとベノワ・フイヤンCFO(最高財務責任者)は2016年10月4日午前8時(米国東部時間)/午後2時(中央ヨーロッパ標準時)にHookLogicの買収に関するカンファレンスコールを開催しました。このカンファレンスコールは同社のウェブサイトリンクでライブ放送され、再放送をご覧いただくことも可能です。
詳細は、www.criteo.comをご覧ください。

###

HookLogicについて
ブランド向けパフォーマンスマーケティングのパイオニアであり、世界の主要な小売事業者およびオンライン旅行代理店と提携し、商品ブランドとホテルの売り上げを加速させています。広告主は同社のプラットフォームを使用して有望な見込み客に働きかけ、商品へのトラフィックを生み出し、その結果である売上高の要因を分析しています。ネットワーク・パートナーと広告主には、ウォルマート、テスコ、ターゲット、アズダ、ベストバイ、メーシーズ、エクスペディア、ハズブロ、インテル、LG、ロレアル、モンデリーズ、フィリップス、マイクロソフト、マリオットなどが含まれます。HookLogicは米国ニューヨークに本社を置いており、ミシガン州アナーバー、カリフォルニア州サンタモニカ、ロンドン、パリ、サンパウロ、トロント、オランダにオフィスを展開しています。詳細は、www.hooklogic.comをご覧いただくか、(646) 467-8200にお電話ください。
詳細は、www.hooklogic.comをご覧ください。

Criteoについて
Criteo はパーソナライズされたパフォーマンスマーケティングをスケーラブルに提供しています。広告クリック後のコンバージョンを評価することにより、ROI(投資利益率)の透明性を確保し、測定を容易にします。Criteo は南北アメリカ、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)、アジア太平洋の31 カ所のオフィスと2,000 名を超える従業員を擁しており、世界各国1万2,000 社の広告主にサービスを提供し、1万7,000 社のパブリッシャーと直接取引関係を結んでいます。
詳細は 、www.criteo.comをご覧ください。

特記
将来の結果や事象に関連する記述は、Criteoの現在の予想に基づく将来の見通しです。将来における実際の結果や事象は、多くのリスク、不確実性、その他の要因により、こうした将来見通しに述べられあるいは含意された内容と著しく異なることがあります。リスク、不確実性、仮定には、(1)予測された利益が予想通りに実現されない可能性、(2)取引が完了したとしても時間通りではない可能性、(3)Criteoが統合戦略の実行などの将来の事業運営に関する計画、戦略、目標を実現できない可能性、(4)Criteoの米証券取引委員会への報告に記載されているその他のリスク、などがあります。Criteoは、法律により義務付けられる場合を除き、新しい情報や将来の事象、あるいはその他の事象の結果にかかわらず、これらの将来予想に関する記述を更新する義務を負いません。

※本資料は、米国Criteoより10月4日に発表されたプレスリリースの抄訳です。
※詳細は www.criteo.comをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。