logo

「イオン北京環境提議」に基づき、北京市での植樹および武漢市の小中学校へ太陽光発電システム寄贈を実施

「日中交流集中月間」に、「イオン北京環境提議」に基づき両国が親交を深めます



公益財団法人イオン環境財団(理事長 岡田卓也 イオン株式会社名誉会長相談役、以下、当財団)は、10月15日(土)、中華人民共和国(以下、中国)北京市密雲において、3年計画の1回目となる「中国北京市密雲植樹」を実施します。また同16日(日)に、武漢市の小中学校5校への太陽光発電システムの贈呈式を行います。

[画像: リンク ]

当財団は、世界が直面する環境問題に取り組むとともに、日中のさらなる友好関係の促進のため、1993年から「日中環境国際シンポジウム」を開催しています。昨年9月、当財団設立25周年を迎えたことを機に、北京市で4回目となる同シンポジウムを開催し、総括として北京市人民政府とともに「イオン北京環境提議」を発表しました。同提議では、2016年からの3年間、植樹活動の継続と環境教育のさらなる推進を行うことを合意・発表しました。同提議に基づき、中国北京市密雲植樹と太陽光発電システム寄贈を実施します。

また、本年10月・11月は、在中国日本国大使館が定める「日中交流集中月間」であり、北京市と湖北省武漢市にて日中間の交流イベントが実施されます。さらに本年は、広東イオン1号店の開業と、青島イオンの設立から20年の節目の年でもあります。

当財団はこれからも、いのちあふれる美しい地球を次代の子どもたちへ引き継ぐため、環境保全活動に積極的に取り組んでまいります。


第1回「中国北京市密雲植樹」(10/15)について

密雲は北京市北東部に位置しており、同市で利用する水量のうち3分の2を供給する、華北地方最大の密雲ダムを有しています。当財団は、同ダムの周辺住民ならびに北京市民の水資源を確保するため、水源涵養機能(※)の向上を目指し、ダム周辺で植樹を行います。本年は日中両国のボランティア800名の皆さまとともに、地域に自生する7,500本の苗木を植えます。

※水源涵養機能:
 森林の土壌が降水を貯留し、河川や湖沼に流れ込む水量を平準化して洪水や渇水を防ぐ機能のこと

・日時:2016年10月15日(土)9:30~11:30
・場所:北京市密雲区東邵渠鎮史長峪村
・本数:7,500本
・参加者:800名
・面積:3.0ha
・樹種:シロマツ、華山松、コノテガシワ、アカマツ、五角カエデ、牡丹(6種)
・主催:公益財団法人イオン環境財団、北京市人民政府外事弁公室、北京市園林緑化局、北京市密雲区人民政府
・後援:在中国日本国大使館、中国国家林業局
・協力:
 北京市園林緑化国際合作項目管理弁公室、北京市密雲区人民政府外事弁公室、
 北京市密雲区園林緑化局、北京林学会、在中国イオン各社
・出席者(予定):
 北京市人民政府 副市長 林 克慶 様
 中国国家林業局国際交流センター 副主任 劉 立軍 様
 北京市園林緑化局 副局長 朱 国成 様
 在中国日本国大使館 公使 林 禎二 様
 公益財団法人イオン環境財団 理事長 岡田 卓也
 イオン株式会社 副社長 若生 信弥
 永旺(中国)投資有限公司(イオン中国本社)董事長兼総裁 羽生 有希


武漢市における太陽光発電システム贈呈式(10/16)について

当財団は、設立20周年の記念事業として、2009年より再生可能エネルギー活用の啓発・普及と環境教育を目的に、日本・マレーシア・ベトナムの中学校へ太陽光発電システムを寄贈してきました。これまでに3カ国で35校に寄贈しています。このたび「イオン北京環境提議」に基づき、環境教育の推進を願い、武漢市の小中学校5校に寄贈します。

・日時:2016年10月16日(日)14:00~15:00
・寄贈先:
 光谷第九小学校、育才行知小学校、漢陽区玫瑰園小学校、洪山実験外国語学校、江夏区何堰村小学校
・場所:武漢市光谷第九小学校
・主催:公益財団法人イオン環境財団
・共催:永旺(中国)投資有限公司、永旺(湖北)商業有限公司(イオン湖北)
・後援:在中国日本国大使館、武漢市人民政府外事弁公室
・出席者(予定):
 武漢東湖高新区 書記 胡 立山 様
 武漢市人民政府外事弁公室 主任 安 衛東 様
 寄贈先5校校長および生徒代表者
 本年「日本 中国 ティーンエイジ アンバサダー事業」に参加する日中の高校生
 公益財団法人イオン環境財団 専務理事 林 直樹
 永旺(湖北)商業有限公司 総経理  椎名 孝夫
 永旺梦楽城(湖北)商業管理有限公司(イオンモール湖北)総経理 村上 征典

※中国における公益財団法人イオン環境財団の活動については、添付PDF・イオンのHPをご覧ください
 リンク

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事