logo

働く女性のための「Let Me Knowパーソナルファッションマガジン」をスタート

モデラート株式会社 2016年10月12日 11時00分
From PR TIMES

lmk.letmeknowstyle.com

モデラート株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 市原 明日香)は、本日2016年10月12日(水)、「Let Me Knowパーソナルファッションマガジン(以下LMKパーソナルファッションマガジン)」をリリースいたしました。



[画像1: リンク ]


 「LMKパーソナルファッションマガジン」は、スタイリストが対面カウンセリングでの診断結果をもとに、ユーザーに最適化されたファッションマガジンをスマートフォンに毎月定額(¥1,000)でお届けするサービスです。

 モデラートは、30代~40代の女性が活躍するシーンが増える中で抱える「見た目の変化(体型・肌)」「ライフスタイルの変化(育児などで時間がない等)」「立場の変化(管理職として等)」などの環境・体型の変化の悩みに着目しました。
 実際に、30代~40代の女性を対象にモデラートが企画した調査では、70%以上の方が洋服に悩んでいることが明らかになりました。
「自分の服装が人からどう見られているか気になる」71%(397人)
 うち、「いつも似たような格好になってしまう」64%(253人)
 うち、「服装について誰かに相談したいと思うことがある」71%(280人)
(調査実施:株式会社マーシュ 2016年2月 対象:30歳~49歳の女性557人)

 「どう見られているか気になるけど、自分で選ぶと似たような服装になってしまう」「誰かの力を借りたいが相談する相手がいない」「年相応なのか不安」という声が多く、服装による印象について自分自身で解決できていないニーズが多くの女性に共通しています。
 そんな忙しい女性により効率的に自分らしくファッションを楽しんでいただくためにLMKパーソナルファッションマガジンは誕生いたしました。

 
[画像2: リンク ]

同世代の経験豊富なスタイリストがユーザーとの対面カウンセリングを行い、「体型パターン」「現状のイメージ像」などを診断。その診断結果をもとに、ユーザーの好みや悩みを解決するコーディネートをスタイリストが作成します。スタイリングは、ユーザーのお手持ちのアイテムと新しいアイテムのミックスで提案するため、ユーザーがすぐに始められる自分にフィットしたコーディネートがパーソナルファッションマガジンになり毎月スマートフォンに配信されます。新しいアイテムは、他社ECサイトにリンクしており、直接購入が可能です。


 
[画像3: リンク ]

スタイリストは、ユーザーが事前にスマートフォンからアップしたクローゼットアイテムを把握しているため、継続的にユーザーに最適なコーディネートを提案することが可能です。また、相談もオンラインにて無料で行えるためユーザーとスタイリストの関係構築ができ、より気軽に、継続的にサービスをお使い頂けます。
 サービスのキーとなるスタイリストは10年以上の店頭接客経験を持つ人材を中心に、ユーザーのニーズを踏まえたきめ細かいサポートが行えます。店頭接客経験はリアルな一般のユーザーのニーズに合わせたコーディネートを実現する重要なポイントだと考えています。

[画像4: リンク ]

 インターネット上に無料で入手出来る情報があふれ、ECの選択肢も増える中、忙しい女性にとっては個人向けにパーソナライズされた信頼できる情報・サービスの重要性はますます高まります。LMKパーソナルファッションマガジンは、中立的で信頼できる存在として、現代の多忙な女性を応援し続ける存在でありたいと考えています。

 現在は、都内での対面カウンセリングのみ実施。11月より主要都市でのイベントを順次開催し、カウンセリングを実施予定。年内にはオンラインでのカウンセリングをスタートさせ、全国のユーザーがいつでもサービスを受けられるようになる予定です。


Let Me Know パーソナルファッションマガジン 概要
【サイト URL】 リンク
【対応環境】iOS7.0, Android4.0 以上
【価格】
初月 ¥3,000(税込)
・対面カウンセリング(60分)
・パーソナルファッションマガジン創刊号(2スタイル掲載)
・パーソナルファッションマガジン通常号(6スタイル掲載)1回分
・スタイリストへの相談(オンライン)

翌月以降 ¥1,000(税込)
・パーソナルファッションマガジン通常号(6スタイル掲載)一回お届け
・スタイリストへの相談(オンライン)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事