logo

IDCフロンティア、妊娠・育児・介護者を対象に週休3日制などを導入

~社員の多様な働き方を選択できる「フルサポート勤務制度」を開始~

株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石田 誠司、以下IDCF)は、妊娠・育児中、および要介護者を抱える社員を対象に、週の労働日を減らす週休3日制勤務や、オフィスへの出勤が不要な在宅勤務などを選択できる「フルサポート勤務制度」を2016年10月から導入します。

週休3日制勤務は、1週間の所定労働時間(*1)はそのままに、勤務日を週4日に集中させ、土日と平日1日を休日とするものです。在宅勤務はオフィスに出社することなく、自宅もしくは要介護者の住む実家などで業務を行うもので、配偶者の妊娠を含む社員自身のマタニティ期間や出産後の育児、家族の介護等必要な期間に、対象の社員自らがこれらの勤務形態を自由に選択することができます。

今回導入した「フルサポート勤務制度」により、ライフステージの変化による育児や介護など個別性・多様性に富んだ社員の働き方の幅を広げ、勤務形態の最適化を目指すことができるようになります。IDCFは社員の就労課題の解決を支援するとともに、キャリア形成の考え方を尊重し、最大限のパフォーマンスを発揮できる就業環境を提供します。

■「フルサポート勤務制度」の概要
-------------------------------------
対象者     ・妊娠中の社員(配偶者の妊娠含む)
        ・育児中の社員(小学6年生以下の子ども)
        ・介護者となる社員(家族の常時介護)
-------------------------------------
選択可能な   フルサポート勤務制度は、次の4つの勤務形態から対象者が
勤務形態    選択できる総称です。

        1. 週4日勤務
        週の労働時間は通常勤務(38.75時間)同様で4日に集中して勤務
        土日祝日に加え平日1日を休日に設定

        2. 週6日勤務
        週の労働時間は通常勤務(38.75時間)同様で6日に分散して勤務
        平日5日に加え土曜日を勤務日に設定

        3. Fワーク勤務
        自宅もしくは実家で月2回勤務し、1日の勤務時間(7.75時間)を
        5:00~22:00の間で自由にスライド

        4. フレックスタイム制勤務
        コアタイムを10:00~15:00とし、1日の勤務時間(7.75時間)を
        5:00~22:00の間で自由にスライド
-------------------------------------
制度利用期間  半年単位で、勤務形態の変更が可能
-------------------------------------

以上

*1 所定労働時間は9:00~17:45の7.75時間、週38.75時間 労働

<企業情報>
【IDCフロンティアについて】(リンク
社名:株式会社IDCフロンティア(IDC Frontier Inc.)
代表者:代表取締役社長 石田 誠司
事業内容:クラウドコンピューティング事業、データセンター事業
株式会社IDCフロンティアは、Yahoo! JAPANグループのクラウドコンピューティングとデータセンター事業を担う戦略的子会社として、クラウド、ビッグデータ分析、ネットワークセキュリティ、ハウジングなどのITインフラを提供しています。国内最大規模を誇る広帯域のバックボーンネットワークと圧倒的な拡張性を持つ最新鋭のデータセンターを首都圏・東日本・西日本で展開しており、サーバーセンターからデータを集積するセンターへの変革を推し進め、お客さまの課題を解決するとともにデータが生み出す新しい価値を提供しています。

<リリースに関する報道機関からの問い合わせ先>
■IDCフロンティア 広報グループ
電話:03-4354-0155
メールアドレス:pr@idcf.jp
コーポレートブログ For Your IDCF:リンク
Twitter公式アカウント:idcfrontier
Facebookページ:リンク

関連情報
https://www.idcf.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。